その場しのぎ症候群|心の拠り所

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。

現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

寒くなってきましたね〜。
私は久しぶりに髪を15センチ弱くらい?カットしました!
冬首元寒いのかなーなんて外を歩きながら感じた今日この頃…

そんなこんなで一週間もあっという間に過ぎていきます。

徐々にお仕事も忙しくなってくる時期ではないでしょうか。

日本人は働きすぎだ、なんて言われますが、
ついつい“その場しのぎ”で行動してしまったり発言してしまうことってありませんか?

今回は“その場しのぎ”をテーマに執筆していきます。

その場しのぎ症候群

どうも“その場しのぎ症候群”という言葉が存在するらしい。

誰しも、その場しのぎで発言してしまったり行動してしまったことはあると思います。

その場しのぎでしてしまったことの度合いにもよりますが、
その時は良かれと思ってしたことが、かえってマイナスに働くことの方が多いと思う。
後先考えずにその場だけのことを考えて決めるのは危険です。

最近、びっくりする出来事が連続で起きて
勉強の日々なのですが

部員を何百人とかかえる部活動の監督の先生とお話をしたら、
関わる人が増えれば増えるほどその分問題も増えるんだ、ということを実感して
私の周りで起きていることなんて、まだまだちっぽけなのかもしれないな、と感じました。

話を戻しますが
“その場しのぎ”の対応は嘘を招き、そして後々思わぬ形で自分の首を締めることになるのだと思います。

もちろん、その場しのぎで対応しなくてはならない時もあるとは思いますが
でも本質的な問題が解決しない限り、問題は一生付き纏うことになります。

そう言った意味で、問題の“本質”を見極めることは大切ですよね。
自分自身もしかり。

心の拠り所

例えば、部活動の中でも何か問題が起きたときに、どうしてそんな結論に至ったのかな、とか
ここまでくるのに誰かと話をしなかったのかな、
とか学生に対してそんな事を思う時がありますが…

要は“心の拠り所”って大事だな、と思います。

後輩がずいぶん前に転職して「恋愛カウンセラー」をしている。
会員さんは月額2万円ほど払って相談するらしい…

身近な人に言えない悩みなのか、言えない状況なのか、
月額数百円だと思っていたので月会費に驚愕。

カウンセラーに話を聞いてもらうことが“心の拠り所”の人もいるということですね。

確かに“心の拠り所”、帰る場所があるからこそ様々なことにチャレンジすることができる、
というのはとても良くわかる。

安心して帰る場所がある、ということは思っている以上に傷を癒すのかもしれません。

私も誰かの“心の拠り所”になれたら幸せです。

それでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました