アスリートの宿命|感動の裏側にあるもの

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。

現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

皆さん東京オリンピック観戦していますか?

私は東京オリンピックの日本人選手のメダル獲得ニュースを聞くたびに嬉しい気持ちになります。

何より、アスリートの頑張りを見て何か心にグッとくるものがありますよね。

頑張っている人の姿を見るのはなんだか勇気をもらえて、感動します。

今回は“アスリートの宿命”をテーマに執筆していきます。

アスリートの宿命

画面越しでも伝わる、アスリート達の頑張りと嬉しさや悔しさ…

私自身、現役選手だった頃からもう何年も経ちましたのでまた昔とは違った視点で感じることもあります。

それでもやっぱり、
オリンピックの舞台でのアスリートの活躍は胸を打ちますね。

それはなぜなのでしょう?
“感動”を生んでいるものは何なのでしょうか?

そんなことも考えたりしますが、

今回の東京五輪では“選手の宿命”についても考えました。

アスリートには“選手の宿命”が付き纏う。

アスリートとしての態度、受け応え、メダルを獲得することが大前提で、
日本代表選手は日本のために戦うのも当然ですが、自身で決めたプレーの判断により良い結果が残せなかった時は批判されることもしばしば。

負けたくて負けてる人なんていないし、失敗したくて失敗している人もいない。
本番までの準備だって私たちには想像を絶する努力をしてきたはず。

なのに選手の頑張りを応援できない人もたまにいるみたいですが、
何を思っているのだろうか?
(個人的な意見です)

頑張って当然、真摯で当然。

色々な意味でリスキーな環境の中で日々頑張っているな、とアスリートから離れた今は感じます。

大前提、私は選手の皆さんには尊敬の気持ちしかありません。
こんなにたくさんの勇気と感動を与えてもらっているのに、私達は何か返せているのだろうか?

なんて思ったりもしますが…

なんだか
本当にオリンピックに出場する選手達って、ある意味普通じゃないよな。
と感じています。笑

感動の裏側にあるもの

アスリートは、どんな気持ちで毎日身体を酷使して何ために様々なものを犠牲にしてトレーニングに励むのか?



それはさておき…

私たちが見ている感動の裏にはきっと沢山のドラマがあります。

オリンピックを観戦していると、なんだかそんな舞台裏も知りたくなります。

新体操競技でもロシアの選手のドキュメンタリー映画が公開されましたが…
そんな選手の試合までの軌跡もたくさん見たいですね。

高校サッカーのロッカールームでのミーティングを追いかけたドキュメントみたいに…

感動とは、ストーリー

なのかもしれませんね。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました