【新体操】スポーツの光と闇|選手の皆さんに敬意を表します

こんにちは、Misakiです。

現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“スポーツの光と闇”ということをテーマに執筆していきます。

東京オリンピックの新体操日本代表個人選手が本日選考会で決定しました。
選手、コーチ、そして役員の皆さんお疲れ様でした。

スポーツって、本当に儚い…

スポーツの光と闇

スポーツ選手にとって、“オリンピック”は特別です。
なぜ?特別なのかと言われたら明確な答えは分からない…

オリンピアン曰く、オリンピックは他の試合とはどうも違う雰囲気を感じるらしい。

もしかしたら、スポーツによってはオリンピックよりもプライオリティの高い試合があるかもしれないけれど、間違いなく新体操界では“オリンピック”は特別視されていると思う。

そんな、新体操のオリンピック日本代表個人選手の選考会が今日(日付が変わったので昨日)終わった。

コロナ禍という事もあり、無観客での開催だった為ライブ配信で画面越しの試合鑑賞。
用事があって全ての演技を見る事ができなかったけれど、


私が今儚く感じているのは敗北者の気持ちを想像してしまうからだと思います。

日本は個人2名のオリンピック出場枠を獲得している。
その2枠を実質3名で争ったわけですが、


自らオリンピックの出場枠を勝ち取った選手は、最終的にオリンピックの出場枠を獲得する事ができなかったのです。
想像できますか?…

オリンピックが延期していなかったら?
体調が万全だったら?
ミスをしていなかったら?

考えたらキリがないですが、そんなことは関係のない話なのです。
自らオリンピックの出場枠を獲得したのに、実際にオリンピックに出場できなかった選手なんて日本中、世界中で山ほどいます。
私の友達も然り。

どうしても人事に感じられないのは
なんとなく、私なりに色々な事を想像してしまうからだと思います。

オリンピック選手になった人、オリンピックを目指していた人


オリンピックを目指して、オリンピック選手になれなかった人

華やかな世界の裏には様々なドラマがあります。

選手の皆さんに敬意を表します

スポーツって、華やかで力強い。

でもそのすぐ裏には地味な作業と弱さがいつも隣り合わせ。

勝つ人がいるということは

負ける人がいるということ。

負ける人がいて勝つ事ができるということを忘れずに。

全ての選手に敬意を表します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました