思わぬ休みの過ごし方|人間は楽な方へ流されることを実感

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“思わぬ休みの過ごし方”というテーマについて執筆していきます。

皆さんはもし、突然予定していたスケジュールが空白になったら何をしますか?

“休み”と言っても色々な種類の休みがありますよね。

例えば、体調を崩して出かけることは出来なくなったけれど実際家の中ではやることがあったり…
便利な世の中になったことで、本当の“お休み”の時間ってなかなか取れなくなっていますよね。

思わぬ休みの過ごし方

急に予定がなくなった時、みんなは何をするのだろう?
とふと疑問に思いました。


私自身、急遽予定していた仕事が無くなりました。

例のウイルスのせいです。
私や私の周りの人が感染したわけではありませんが、職場が立ち入り禁止となったためです。


いくつかの仕事を掛け持ちしていると、空いている時間に別のことをしよう!と
思ったりもするのですが…

時間が出来るとやりたくなるのが、映画鑑賞。
そして自分自身のケアに時間をかけること。

いつもの生活に少しだけ“余裕”が生まれると、なんだかプラスαの日常の楽しみに時間を使えますよね。

そんな時にやっぱり“余裕”は必要だな、と実感します。

人間は楽な方へ流されることを実感

“余裕”が必要だと実感しながら、
それと同時に急な休みが出来るとやっぱり人間は楽な方へ流されるんだな、
という事も実感します。

いつもより時間が出来たはずなのに、気付いたら何も用事を済ませないまま何時間も経っていたり
いつもより沢山寝てしまったり。

貴重な1日だな〜
なんて思っていながら気づいたら1日が終わりに近づいている…
なんて事もザラにありますよね。

時の流れって本当に有限。

何もしない日だって、ダメなわけではないですが
平等に時間が流れる中で濃密な時間を過ごすか過ごさないか、
何に時間を使うのか、は自分次第。

子どもはそうもいきませんが。

なんでもない1日にふと、そんな事を考えていました。

明日も良い日になるといいなぁ。
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました