“忙しい”は悪なのか?|時間の余裕と心の余裕

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“忙しい”ということをテーマに執筆していきます。

皆さんは、忙しい毎日を過ごしていますか?
それとも、わりと暇がある方だと思いますか?


「忙しいね〜」「大変だね」なんて声をかけられることがありますが
“忙しい”ことは悪いことなのでしょうか?

“忙しい”は悪なのか?

結論、“忙しい”ことは悪ではない。
と私は思っています。

と、言うより“忙しい”という状況が嫌だと思ったことがないです。

ただしこれには条件があります。それは
スケジュールを自分でコントロールできること。

スケジュールをコントロールすることが出来たら、
忙しいことはそんなに悪いことではないと思っています。
むしろ良いことなのかな?

なんて感じています。

確かに時間があったら好きなことをできるのかもしれませんが、
色々とやるべきことがあったり、やりたいことがあって忙しいことって素敵なことだな〜
なんて思います。

だから“忙しい”ことが悪いように言われる時は少しだけ違和感があります。

時間の余裕と心の余裕

“忙しい”とこが悪いことではないと言いましたが、

物理的に、時間がないと出来ない事も沢山ありますし
その時の自分の立場だったり、環境によっても優先順位は変わるはずなので
間違いなく“余裕”は必要です。

時間の余裕もそうですし、心の余裕もしかり。

先ほどお伝えした、スケジュールをコントロールする事ができる事、というのは
余裕を作ることに繋がるのだと思います。

そして、
“忙しい”ということに、もしもネガティブな感覚があるのだとしたらそれはきっと自分の意思で行動出来ていないことなのかもしれません。

自分が好きなことだったらいくらでも時間はかけられるし、
好きなことでは無かったとしてもきちんと府に落ちていればそんなに嫌にはならないはず。

“忙しい”状況に良し悪しをつけるのは難しいですね。

それでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました