“大人になったな”と実感する時|興味と欲

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“大人になったと実感する時”をテーマに執筆していきます。

日本は20歳から成人になりますが、20歳と言えど学生の方も多いですし、
皆さんはいつから子どもから大人になったな、と実感するのでしょうか?

“大人になったな”と実感する時

私はいわゆるアラサーですが
30歳を超えると「結構歳を重ねてきたんだなー」と実感するタイミングが増えたように感じます。

立場や環境の変化で感じることも多いかもしれません。

もちろん、いくつになっても昔から好きなものが変わらなかったり
まだまだ未熟なこともたくさんありますけど。

私が一番自分が歳をとったんだな(大人になったんだな)と感じるタイミングは
客観的に周りの人の成長を感じた時。

例えば親戚の子どもがいつの間にか成人してたり、
両親や祖母、祖父の老いを感じた時など。

(老いを感じる、なんて失礼な話ですけど私自身も周りの人から老いを感じられているかもしれませんし。)

そもそも、歳を重ねる事は悪いことではないですけどね。

当然ながら自分が歳を重ねる、という事は他のみんなも歳を重ねているわけで…
いつからか、“心配されていた立場”から“心配する立場”になっていると気づいた時に

「あぁ、いつの間にか大人になったんだなー」
なんて感じました。

興味と欲

少し話が逸れますが、祖母の話。


私の祖母は2人とも結構パワフル。

父の方の祖母は最近2ヶ月間の入院生活を経て退院しましたが、なんだか入院前より元気になって帰ってきた気がします。

色々なことに興味を持つことが出来て、読書をしたり色々な情報をインプットしたり…
あと運動もそうですね。


なんだかそうやって色々なことに興味を持って行動したりできるスキルって、
やっぱり若いうちに身につけておくと歳を重ねてからも色々なことに役に立つのかな、なんて祖母を見て感じました。

年老いて二人暮らしになった時、一人暮らしになった時、入院生活になった時、
どう過ごせるのかが変わってくる気がしました。

周りにお手本になる大人の人がいるって素晴らしいですね。
私もそんな大人でありたいです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました