【新体操】競技人生のゴールとは?|ダブルゴール

新体操

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“競技人生のゴール”について執筆していきます。

とっても久しぶりの更新となってしまいました。
なんだかんだバタバタしていて気づいたら一週間経っていた!…

前回のブログを読んでくださった方はご存知かと思いますが1週間前は試合があった為、宮城にいました。

スポーツを一生懸命やっている人、もしくはやっていた方など、競技人生のゴールってどこなのでしょう?
考えた事はありますか?

なんだかふと、そんなことを考えていました。

最初に言っておきますが、答えは出ていませんよ。

競技人生のゴールとは?

競技人生のゴールってどこなのでしょう?
もちろん設定するゴールは人それぞれかもしれませんが…

オリンピックに出場?
オリンピックでメダルを獲得?

全日本で優勝、などなど色々とあると思います。

コーチをする中では、この一人一人のゴール設定について悩む時があります。


特に大学生を指導している時。


なぜならば、大体の選手が大学で競技人生の最後を迎えるからです。

何が正解だったのか、競技人生はどうだったのか、
終わってみないと分からない事や感じることができない事も沢山ありますが…
今回の試合の審判業務を通じて、たくさんの大学生の演技を見ることができ色々と勉強させてもらいました。


“競技人生のゴールはどこなんだ?”


と、そんなことをふと感じた試合遠征でした。

ダブルゴール

以前、ブログでも紹介したかもしれませんが
“人間的成長”と“競技力の向上”の両立を目指すダブルコーチング。

「ゴールはどこだ?」
と考えたら、どうしても競技力の方に目が行きがちですが
人間力もものすごく大事。

だから結果だけに囚われず、そして何か一つのゴールに絞らないことが必要なのではないか?
と思っています。

心と身体が密接しているのと同じで、
競技力と人間力は密接しているのです。

切っても切れないか関係です。

だから何が言いたいかというと…
練習ばっかりしていても上手くならない時やスランプの時。
原因は練習ではない可能性もあるのではないか?

なんて思ったりもします。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました