“役割”を見極める|手際が良いってカッコイイ

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“役割”をテーマに執筆していきます。

今回は“仕事”の話。
あなたの仕事の“役割”はなんですか?

まだ学生の方でも部活やサークル、バイトなどでも“役割”があると思います。

思い返せば、小学校の頃から係が決まっていたりして、それぞれ“〇〇係”なんか割り振られていたりしましたよね。


自分の“役割”を見極めることって大切だな、と思います。

“役割”を見極める

“役割”を見極めることって大切だと思います。

今回は仕事の話。
と言いましたが、スポーツでもチームスポーツなんかは同じかもしれませんね。
それぞれポジションがあって、やるべき事が決まってたりする。

新体操の団体競技はいわゆる“ポジション”的なものはありませんが、
当然、自分がやらなければいけないことを見極めることはとっても大切です。

自分が何をしなければいけないのか、“役割”を分かっていることで仕事がスムーズに進む。

逆にその“役割”が見極められないと、仕事が滞ってしまいます。

新体操で例えたら、それぞれがきちんと自分の役割が全う出来た時に
「演技の流れがスムーズになる」のではないでしょうか。

手際が良いってカッコイイ

手際良く作業ができる人ってカッコイイななんて思っていて
自分もそうでありたいと思うのですが…

何か仕事だったり作業を手際良くこなすためには、やはり
自分の“役割”を知って理解している必要があります。

料理だったら、手順を理解していて次にやるべきことを効率良く行う事ができたり…

あとはやるべき事が頭に入ってないと手際良く動けないですよね。

だからよく
「手際が良いね」なんて言われる人も、
元々ハキハキした性格だから作業が早いのではなくて、
ある程度努力して「手際が良く」動けているのだと思います。

すべての状況で、スピードを求められるわけではないですが
その場の状況や自分の“役割”を理解して、今やる事やそして次にやる事を瞬時に考え尚且つ動けるように。


そんな働き方ができたら良いな、なんてふと考えていました。

それでは。




コメント

タイトルとURLをコピーしました