“やりたいことだけでは生きられない”と感じた話|夢を持つためには覚悟が必要

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“やりたいことだけでは生きられない”ということをテーマに執筆していきます。

誰だって、好きなことをして生活していきたいですよね。


小学生の頃は“夢を持つこと”は大事だと教わる。

実は私も小学生達の前で自分自身が追いかけた“夢”についてお話した事があります。

しかし、実際はやりたいことだけでは生きていくことは難しい…

“夢”を持つためは“覚悟”が必要なのです。

“やりたいことだけでは生きられない”と感じた話

“やりたいことだけでは生きられない”

今更感じたことではないけれど、昨年現れたウイルスの影響もあり、
最近余計に“やりたいことだけでは生きられない”と感じています。

私自身はこれまで“やりたいこと”を選択してきたし、それは昔も今も同じ。

でも、“やりたいこと”をやれたり、新しいことにチャレンジするためには、
ある程度の“土台”が必要だと思っています。

何もかもが不安定な状況だと、心も身体も前に進事ができない。

先日、仕事仲間から連絡がありました。


「企画していた自主公演の舞台が中止になった」

一言では言い表せないけれど…
自主公演が中止になることは単純に、色々な面でダメージが大きすぎます。

休業要請だの自粛要請だの
誰のせいでもないけれど、“やりたいこと”で生きていこう
と思ってチャレンジしている人にとっては今は本当にチャレンジし辛い世の中だと思います。

昨日音楽の破壊力について投稿しましたが、
踊りも、演劇も、歌も
「生活になくてはならないものなんですか?」

と聞かれたら、もっと優先しなければいけない事もあるので自粛しなければいけなかったり
優先順位が低くなってしまうのもわかりますが…


エンタメ業界今はとても大変だな、と身近で感じました。


“やりたいこと”で生きていくためには“やらなければいけないこと”もしなければいけない。
と誰かが言っていましたが、


本当にそうだなぁと改めて感じた最近の話。

夢を持つという覚悟

冒頭、“夢”を持つためは“覚悟”が必要だとお伝えしましたが、

やっぱり、夢を追いかけたり“やりたいこと”をやるためには“覚悟”は必要だと思います。

なんだか、“アスリート”が活動する環境にも多少重なります…


先のことはどうなるかわからない、上手くいく保証も無いけれど、
自分自身の技術と日々の行動(練習)を信じて“夢”に向かって進み続ける。

進み続けるにはある程度の“覚悟”が必要ですよね。
学生アスリートにももちろん覚悟あると思いますが、

社会に出て、更に自分自身の行動全てが自分の責任となった時、
より“覚悟”の重さに気付く事でしょう…

様々なことにチャレンジし辛い世の中だなぁと感じますが、
「挑戦する気持ちと行動力」は日々養いたいものですね。

私はこれからも“やりたいこと”をするために
“覚悟”持って過ごしていきます。

それでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました