【新体操】勝敗の先にあるもの|突き抜ける

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“勝敗の先にあるもの”をテーマに執筆していきます。

変な話、新体操って“出来レース”な部分があると思う。
批判したいとか、そうゆう話ではありませんがつくづく過酷な競技だなと感じる瞬間があります。

もし勝負する前に勝敗が決まっていたら?


勝敗の先にあるものって何なのでしょうか?

勝敗の先にあるもの

勝敗の先にあるもの
勝敗の先に何があるか、考えたことはありますか?

“勝負に挑む意味”のようなものを見つけられた時、また一つ強くなれるのではないでしょうか。

“出来レース”に関しては細かい事を言い出したらキリがないですし、
新体操に限った話ではありませんが…

新体操ではまず体型や体格、関節の可動域など生まれ持った要素で“勝てる選手”かそうでないかはすぐに判断がつきます。

新体操経験者なら分かってくれると思いますが…
正直な話、“向いている”か“向いていない”かはすぐにわかる。

だからこそ“出来レース”では?と感じる瞬間もたまにあります。



“出来レース”と分かってやるレースほど辛いものはない…
騙し騙し続けていてもいつか、耐えられなくなる時がきます。

でも
大前提、誰にとってもチャレンジすることは素晴らしいことだし
何かを一生懸命取り組む事や目標に向かって活動する過程では得られることも沢山あります。
仮に“負ける”事が決まっていたとしても

有意な活動にするためには、
勝敗の先にあるものを考える必要があるのではないでしょうか?

勝って嬉しい、負けて悔しい、の先に自分は何を感じる事ができるのか?
どんな事が得られるのか。

それが原動力にも繋がるのだと思います。

突き抜ける


“出る杭は打たれる”ということわざがありますが


打たれないようにするにはどうしたら良いか、元野球選手のイチローさんは

「突き抜ければ良い」
と言っていました。

その言葉から私が感じたことは、
守りに入らずに行動する姿勢です。

確かに、世の中には“出来レース”があったり
まだまだ“レールに乗る人生が”良し、とされることもあります。

でもそんな時でも、
“突き抜ける”勇気を持つこと、
“自分の信じる事を信じる勇気を持つこと”
って大切だよな、なんて考えていました。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました