【新体操】“大義”を持つ、ということ|目標を変える勇気

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“大義”をテーマに執筆していきます。

「練習過程において大事なことは?」

「何を優先したら良い?」

選手の皆さんは目標達成に向けて日々試行錯誤の毎日を過ごしていることと思います。


大事なことは“大義”を持つ、ということ。

“大義”を持つ、ということ

目標達成の過程で必要なこと、それは
“大義”を持つ事。

ラグビー日本代表の元メンタルコーチ、荒木 香織さんの記事を拝見しました。その中で

「パフォーマンスを上げるためには自分が本当に目指したい事“大義”を見つけることが大事」


というを一文を見てこれはラグビー選手だけでなく、他のスポーツ選手にとっても言える事なのではないかと思いました。

まず、大義の意味を見てみます。

【大義】

人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」

重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」


goo辞書


大義名分、という言葉もありますが
今回のお話で当てはまるのは、2の重要な意義、大切な事柄が近いと思います。

結果を出すためには“目標”が大事になってくるのですが
その目標が本当に自分の心の底から出た目標なのかどうか…


「優勝したい」

「〇〇大会に出場したい」

その目標は監督やコーチから言われた目標ではないですか?

もしかしたら、本心ではない目標を掲げている人もいるかもしれません。

例えば、所属しているクラブチームの“大義”
部活動での“大義”があると思いますが、


自分自身の“大義”を持つ事が重要なのです。

目標を変える勇気

つくづく、目標設定の大切さを痛感する日々ですが

目標設定の大切さは何事にも言える事で、
行く先が決まっていなかったら、出かけたとしてもどこに向かっているかも分からないまま
彷徨うだけだし、ゴールが決まらないとそこへ向かう方法すら決まらない…

選手の皆さんも、大きな目標から日々の小さな目標まで立てていることと思いますが

なんだかんだ言ってもやはり“積み重ね”が大切です。
なので、日々の目標を達成していく事を積み重ねる必要があります。

しかし、自分が立てた目標設定がクリアできないことも往々にしてある…

そんな時は“目標を変えても良い”と思っています。
中途半端に終わるよりよっぽど良い。

私自身も昔は言われたこと、そして自分で決めた目標は変えたらだめ、という意識があって無理してでもやっていましたが…
当然目標が達成できない時もあるわけで。


時間の余裕や身体的に可能なら出来るまでひたすらやれば良いです。

しかし、限られた時間の中でやるべき事をやるためには時には“目標を変える勇気”も必要です。

できない事をすぐに諦めることとは違いますよ。

私自身もブログを書く上での“大義”
コーチングする上での“大義”

考えてみます。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました