“ストレスの正体”を感じた話|便利すぎる世の中

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“ストレスの正体”をテーマに執筆していきます。

私が語れるほどのテーマではないですが…
最近、個人的に「これはストレス!」と感じたことがありました。

“ストレスの正体”って見えないですが、皆さんは“ストレスの正体”を感じたことはありますか?

“ストレスの正体”を感じた話

ズバリ、私が感じた“ストレスの正体”は
利便性が失われた状態でした。

くだらない話ですが、i phoneに「サーバーの識別情報を検証できません」
という表示が出てくるようになってしまい…


その表示が出たらi phoneの動作がストップするのでメールやラインの返信中はもう最悪。
しかもなんと、約5秒間に1度表示されるしつこさ。

久々にこれはストレスだなーと感じました。

最終的には元に戻ったのですが、
その時に
「あぁ、こんなにも私は便利な世の中に慣れてしまっているんだ…」

と感じたのです。

私はスムーズに操作できないことにストレスを感じましたが、
でも一昔前は、ネットワークの接続もこんなにスムーズではないし
電車の移動中に携帯電話で映画が見られるなんて考えられない時代もあったあわけで…

身体の怪我も同じで、
普段、健康で不自由ない生活をしていると、ほんの少しの擦り傷でも不自由だな、
と感じてしまう。

想定外の出来事に対応出来るキャパが自分の中には必要だなーと感じる出来事でした。

便利すぎる世の中

テクノロジーがどんどん進化していて、
便利になっていく世の中で私達にプラスになることは沢山ありますが、
色々と便利すぎて、不安になる感覚を感じました。

安すぎる卵を買うのが不安、みたいな天の邪鬼な感覚。笑

便利な世の中は嬉しいけれど、
例えばi poneの機能にしたって分からないことも沢山増えていって
何か問題が起きた時に自分で解決できる力ってあるのかな?

なんて思います。


家を出て、目的地に行く時だって、今は何時にどの電車に乗れば良いのか、
最寄駅についてからの道順だって調べればすぐに分かります。

それが海外にいたってスマホさえあれば成立するんです。

私が小学生の頃は家のパソコンで電車の乗り換えを調べて、紙にメモして
出かけていた記憶があります。。

外出先で急にi phneを無くしたことを想像したら怖いですね。

何かトラブルが起きた時の対処方法やトラブルに対して向き合える免疫力が必要だなー
なんて考えていました。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました