【新体操】たまに必用な“図々しさ”|切り替えの速さを身につけるには

新体操

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“図々しさ”をテーマに執筆していきます。

皆さんは周りに“図々しい”人がいて嫌な思いをした事はありますか?

“図々しい”人って、ネガティブなイメージがありますよね。


でも、たまには“図々しさ”が必用だと思っています。

特に新体操は自分を表現していかなければならないので“図々しさ”があるくらいの
メンタルが必用だと私は感じています。

新体操に限らず、スポーツ全般に言えることかもしれませんが…

たまに必用な“図々しさ”

“図々しい”の意味を見てみると

【図々しい】
自分勝手にふるまい、他人迷惑をかけても仕方ないような態度や行動を形容した表現。


Weblio辞書

このように書いてあります。
大前提、他人に迷惑はかけたらダメですしそんな態度や行動が許される訳ではありません。

しかし、冒頭述べたように
スポーツにおいて、新体操においてはある程度の“図々しさ”は必用だと思っています。

図々しくなることを懸念して他人の目ばかりを気にしていると
どうしても行動が“受け身”になってしまう…

どんな状況だって積極的に動ける人が有利だと思っているので
たまには“図々しさ”があるくらいの強気な姿勢も必要です。

あくまでもスポーツの世界、新体操競技でのことを想定してお伝えしています。

(日常生活ではそんなに意地を貼る必要もないと思いますよ)

切り替えの速さを身につけるには

スポーツの場面では“切り替えの速さ”が大切です。
新体操では実際にミスが起きても、点を取り返すことが出来ないので
いつまでも一つのミスを引きずってしまうのは良くない。

スポーツではなくて仕事にしたって、日常生活にしたって
切り替えが早いことにメリットはありますよね。

私自身“切り替えの速さ”はどうしたら身につくのだろう?
と考え、出た結論が

“図々しくなる”ことでした。笑

・他人のことや周りの環境を気にしないこと!
・今の自分を受け入れること!

ただ単に、自由奔放に生きれば良いって訳ではありませんが
少しくらいわがままに考えても良いんじゃない?
その方が気楽に過ごせそうだよなー

たまには“図々しさ”も必要だよなーなんて思っていました。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました