キャパオーバーのサイン|自転車操業の良し悪し

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“キャパオーバー”をテーマに執筆していきます。

“キャパオーバー”という言葉がありますが、私生活でも仕事でも
皆さんはキャパオーバーだなと感じたことはありますか?

また、キャパオーバーになった時のサインはありますか?
キャパシティがオーバーになる前に、分かったら良いのになぁなんて思いますよね。

そうすればオーバーになる前に事前に調整できるのにな…と。

キャパオーバーのサイン

“キャパオーバー”は精神的なり体力的なり色々あると思いますが、
受容量がオーバーする、ということですよね。

キャパオーバーすることによって様々な不調が出てきます。

私自身スポーツをしていたからなのか、
“限界は自分で決めたら良く無い”というイメージが昔からあるし、
“頑張る”ことのリミットを超えることに挑戦してきたので

忙しくしすぎると、体調が悪くなります。
偏頭痛なのかなーなんて思ったりもしますが、吐き気も加わるので
明らかに風邪では無いのに体調が崩れた場合は、おそらくキャパオーバーなんだと実感します。

まさに最近もそんな感じなのですが…
ブログも更新したいなーなんて思いながらやらなければいけないことがありすぎて
後回しになってしまう…

でも更新しないのが当たり前になってしまうと、またそれはそれで
自分の中では納得いかないんですよね…

キャパオーバーする前に上手く調節できる人もいると思いますが、
皆さんはキャパオーバーだな、と感じることはありますか?

アスリートは特に、自分の限界を超えてしまうことが出来ると思いますが、
それが良い時もあれば悪い時もあるのかな、なんて感じます。

怠けてしまうのも良く無いけれど、キャパオーバーになって
体調が崩れてしまったり不調が現れるのは良く無いですよね。
バランスが難しいです。

自転車操業の良し悪し

“自転車操業”経営状態のことを指します。
しかも良くない状態ですよね。


自転車のペダルを漕ぎ続けないと倒れてしまう、
という状況の例えですが

お金のことは無しにして、例えば何かの夢に向かって進んでいる時や
目標に向かって進んでいる時は
“自転車操業”が悪いばかりでもないんじゃないかな、と思います。

スピード感が必要な場合もあるしそんな時は、止まれない
という意味では“自転車操業”も悪く無い。

余裕があったらスピード感が出せない場合もあるだろうし
進み続けるからこそ新しく生まれるものもあるでしょう。


時には休むことも必要だと思いますが、
進み続けることも悪いばかりでは無いんじゃないかなと思ったりもします。

明らかに、今の自分はやりたい事や夢に向かって“自転車操業”ですが、
“キャパオーバー”しないように上手く調整して進んでいかないとな
と思った最近の日々でした…

日付が変わる前に更新できそうです。

それでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました