【ゆとり】を持つことの大切さ|ゆとりがなくてイライラしてしまう時

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“ゆとり”をテーマに執筆していきます。

皆さん、“ゆとり”がある生活をしていますか?

“ゆとり”と言っても、様々な“ゆとり”があります。
時間のゆとり、お金のゆとり、心のゆとり…

“ゆとり世代”のように
良くないイメージでも使用されていますが、

何事も余裕がある方が穏やかに過ごせると思っています。

ゆとりを持つことの大切さ

なぜ、ゆとりがある事が大切なのか?
私なりに解説していきます。

ゆとりがある、ということは
余裕がある、ということ。

ゆとりがある人の特徴をいくつか挙げてみます。
・穏やか
・インスピレーションが湧きやすい
・ポジティブ
・何事にも公平

普段から荒々しい人よりは穏やかな人が良いですし、
何か新しいアイディアやインスピレーションが湧くためには“ゆとり”が無いと難しい…
ネガティブに生活するよりもポジティブに生きる方がエネルギッシュに生きる事ができるし、
何事にも分け隔てなく思いやりを持てたら素晴らしいですよね。

“ゆとり”が無いよりは、
“ゆとり”があった方が、上記のような過ごし方が出来る。

だから、“ゆとり”を持つ事が大切なのです。

冒頭述べたように様々な“ゆとり”がありますが
何事にもある程度余裕は必要だと思っています…

それでも私が一番注意したいと感じているのは“時間のゆとり”です。

ゆとりがなくてイライラしてしまう時

“ゆとり”がある人の特徴で「穏やか」とお伝えしましたが、
“ゆとり”が無くなるとイライラしてしまう事が往々にしてあります。

私自身、何か仕事の作業に追われていたり
時間に追われてしまって“ゆとり”が無くなるとイライラする事があります。

しかし、
“ゆとり”が欲しいと思っても“ゆとり”が持てない場合だってあります。


お金のゆとりが欲しかったら、仕事をする必要があるし
仕事をしている時間は当然、趣味の時間には使えません。

今すぐに、全てを自分の思い通りにすることは出来ません。

上手く自分の時間を見つけたり、
リフレッシュする方法を見つける必要がありますね。

そして、もう一つは
“ゆとり”が持てるような生活を目指して“今”を過ごす、ということ。



穏やかに過ごすために“今”何ができるか考えよう…
そんなことを考えていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました