一歩踏み出すための“トリガーポイント”|どんなことに夢中になりますか?

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“トリガーポイント”をテーマに執筆していきます。

私達はよく身体をほぐすために“トリガーポイント”のグリッドフォームローラー
を使用していますが…

この“トリガーポイント”ではなくて。

今回は一歩踏み出すための“トリガーポイント”
“きっかけ”のことです。
いわゆる“やる気スイッチ”のようなものなのかもしれません。

皆さんは、行動する時の“きっかけ”が欲しいなと思ったことはありませんか?

思い描いていることがあってもなかなか行動に移せない、環境が変わらないのはなぜでしょう?
それはきっと誰のせいでもなく自分のせい。


“トリガーポイント”について考えていきたいと思います。

一歩踏み出すための“トリガーポイント”

一歩踏み出すための“トリガーポイント”って
周りの環境から影響されることもありますし、誰かの言葉から勇気をもらうこともあります。

しかし、
ただ、機会を待っているだけではいつまで経っても何も変わらない

自分自身が“トリガーポイント”を発見出来る準備をしていなければいけないし
一歩踏み出すための情報や機会をキャッチ出来るように心構えしておく必要があります。

例えば、
「転職したい」「独立したい」
「結婚したい」「恋人が欲しい」
これらの“トリガー”って、いきなり空から降ってきたり
突如タイミングが訪れる、ということはないと思うのです。

いくらたまったら独立しよう、とか
何歳になったら婚活をしよう、とか

そのような状態だときっと“トリガーポイント”を見つけることが出来ません。
見つけられたとしてもその機会を上手く活かす事ができない…

上記の例で言うと、
独立するなら“自らお金を生み出す”気持ちがあるのか、
結婚するなら“誰かと一緒に人生を歩む”覚悟があるのかなど

情報や機会をキャッチ出来るように心構えしておく必要があります。

どんなことに夢中になりますか?

夢中になれる事、心が踊ることって
行動する上で大きなパワーになりますよね。

それは誰もが理解している事だと思います。
だからと言って、
“どうしたら夢中になれることを見つけられるか”は
考えて、悩んだ末に見つけるものではなくて、感じるものだと思っています。

誰かに教えてもらうものではない。

“どうしたら人を好きになれるか”もきっと同じです。

何を言いたいかと言うと、
最終的には、何事においても誰から教えてもらた事を答えにするのではなくて
“何がしたいか”を自分で考えることが大事。

それが、“トリガーポイント”をキャッチするための準備に繋がるのではないか
と思っています。




コメント

タイトルとURLをコピーしました