【損失と安定】安心安定を求める私たち|なぜ刺激を求めるか

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“損失と安定”をテーマに執筆します。

皆さんは、刺激的な毎日と安定感のある毎日だったらどちらを選びますか?

私たちの意思決定は、様々な感覚や感情によって左右されます。
そして、
得をした満足感よりも損をしたガッカリ感の方が大きく感じる
という心理傾向があります。

日々、選択の連続ですが
今回のテーマ“損失と安定”を意識したら
自分自身、確かに何かの選択を悩む時は損失の可能性と安定の可能性を踏まえて
“損失と安定”のバランスで悩んでいることが多々あったのです。

安心安定を求める私たち

得をした満足感よりも損をしたガッカリ感の方が大きく感じる
ということを先ほどお伝えしました。これは

“プロスペクト理論”と言われています。

“プロスペクト理論”については詳しく書かないので…
詳しく知りたい方は下調べてみてくださいね。

さて。
人間には皆、この性質があることを見ると
言ってみれば皆“失敗をしない選択”をとることが多いということです。

しかし、大前提“失敗をしない選択”をする、ということを理解した上で
“失敗してもチャレンジする”という選択をしていくべきだと私は思っています。

もちろん、物理的に無理なことはしょうがないですが…
・お金がない
・時間がない

これらは自分で生み出す努力が必要です。


なぜ“失敗してもチャレンジする”という選択をしていくべきなのか?
それは

経験して得られるもの、失敗から学ぶことに大きな価値があるからです。
経験や失敗は自ら行動しないと手に入らない。
空から降ってくることはないですからね。

なぜ刺激を求めるか

刺激を求めるタイプ安心を求めるタイプ
様々な選択は、性格も影響してくるとは思います。

個人的な話になりますが、
私はどちらかというと刺激を求めるタイプ

色々な人がいますね。

しかし、安心安定を求める性質がある、という事とは裏腹に
刺激を求めるのはなぜでしょうか?

以前、私が先輩から言われた言葉を紹介します。

「misakiが刺激を求めるのは、半分自分に自信を持ちたいから
もう半分は貪欲に色々知りたいから

妙に納得した記憶があるのですが…


これは、まさに“損失と安定”のバランスで揺れ動いている感情なのではないか
と思うのです。
“安定を求める気持ち”と“冒険したい気持ち”…

“刺激を求める”ということは一見、“損失”が大きいように見えて
刺激を求めながら“安定(安心)”のも同時に得ているのかもしれません。


その中でもやはり“失敗してもチャレンジする”という選択をするためには、
たまに自分自身を俯瞰して見ることが必要です。


無意識にいつも“安心、安定”を求めて選択をしているので
客観的に自分を見て見るときっとそのことに気がつくと思います。

まとめます。

・人は往々として「失敗しない選択」「安心安定を求める」ということ。
・そのことを理解した上で「失敗してもチャレンジする」選択を選ぼう!



コメント

タイトルとURLをコピーしました