【好奇心】が強いと成績も上がる?|“好奇心”と“好き”

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“好奇心”をテーマに執筆していきます。

好奇心強い子は成績が上がると思いますか?
成績とは、勉強だけでなくスポーツも一緒です。

今回は“好奇心”が私たちの行動と結果にどのような影響があるのか、
考えていきたいと思います。

好奇心が強いと成績も上がる?

好奇心が強いと成績も上がる?
この答えはYes.

私が偉そうなことを言える立場ではないですが、
これは良く言われていることでもありますしスポーツに置き換えて考えてみても
好奇心旺盛で色々なことにチャレンジできる子は上手になりやすいのは明らかです。

実際に指導していてそう感じます。

ただ、
好奇心旺盛な子でも直接結果に結びつかないこともあるとは思っています。

好奇心が強い=成績が上がる

という単純な話ではなくて成績を上げるために必要な要素もたくさんありますが

勉強にしてもスポーツにしても成績が高い人はほとんどの場合が“好奇心が強い”はず。
私のこれまで出会ってきた人達を見た中での肌感覚ですが。

しかし、
好奇心が強い=成績が上がる
この理由を考えても、
実際に行動した人しか結果はついて来ないのだから、
行動するためのエネルギーでもある“好奇心”が強い方が成績は上がるはずですよね。

ではどうしたら“好奇心”を育むことができるのか?を知りたいところですが…


子どもは皆“好奇心”が強いと思っています。

その好奇心をどのように活かすのか?
興味を持ったことを調べて実際に行動してみる、とか…
そのような癖を子どもの頃から身につけていく必要がありそうです。

大人でも、同じです。



子どもがいない私が言うのもおかしな話なのですが。


そして実際はそんな上手くいかないのかもしれませんが、でも子どもたちにとっては大人の
行動は大きく影響すると思うので、私たち大人も“好奇心”を持って行動していくことが
大切なのではないでしょうか?

“好奇心”と“好き”

私が“好奇心”についてもう一つ感じていることがあります。

それは
“好奇心”は“好き”に繋がりやすいということ。

当然、何も知らないことを好きになることは無いなずなので
“好奇心”が強い人は、物にしても人にしても“好き”になりやすい傾向があるのではないかと
思います。

「“知らない”と“嫌い”の感情が限りなく近い」

なんてことも聞いたことがあります。
食わず嫌いも同じような感覚でしょうか?


それを裏返せば


知っている=好き

これはイコールでは無いですが、

好きなことは当然そのことを詳しく調べたりするわけですから、
「好きこそ物の上手なれ」
なんて言葉もありますし

やはり

好奇心が強い=成績が上がる

と言うこともあながち間違ってはなさそうです。

“好奇心”を持ってそのことについて調べる中で“好き”に変わり
“好き”だからもっと探究できる。

なんだかとても良いループですね。


これから更に歳を重ねても“好奇心”を忘れずに過ごしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました