【新体操】2021年フェアリージャパンメンバーの1年の抱負|時と場合による目標の変化

新体操

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は新体操日本代表チーム、フェアリージャパンメンバーの今年一年の抱負を
聞いて感じた事を執筆していきたいと思います。

先日、フェアリージャパンメンバーの1年の抱負をインスタグラムで拝見させていただきました。

そこでふと、新体操選手としてのマインドを垣間見ました。

この事を考えようと思ったということは、何か違和感を感じたということですが
大前提、私はフェアリージャパンPOLAの皆さんを応援していますし、
良し悪しを語るつもりもありません。

目標を聞いて選手としての資質のようなものも感じたので
皆さんにお伝えできればと思います。

フェアリージャパンメンバーの1年の抱負

初耳の方もいるかもしれませんが、フェアリージャパンとは新体操の日本代表チーム
のことです。

チームスタッフ、現メンバーは全くの他人ではないので
私がこの話を持ち出してお話することにも少し気が引けますが…
今回感じた事をお伝えしますね。

結論を言うと、
彼女達の目標から新体操選手に必要な資質を感じた、という事です。


・変化に対応できる
・要求されたものを毎日コツコツ行う事ができる
・我慢強い

これらはおそらく必須で最重要項目です。

また、現在の新体操のルールにより求められている事が
技術的にとても高度だということ…
言い方悪いですが、その技をいかに機械的にこなせるか
が大事、ということも感じました。

彼女達の目標がどんなものだったのか?
具体的に知りたい人は体操協会新体操専用アカウントをご覧ください。

時と場合による目標の変化

オリンピックがどうなるのか、
先が見えない中での選手達がモチベーションを保つのは大変なことだと思います。

ただ、ひとつ思ったのが
みんな具体的な内容ではなかったということ。
そして毒を吐くと当たり前の内容だった…

だから悪いとかでは無くて、
なぜそうなのか?
なぜその目標になったのか?


という事を考えていく必要があると私は思っています。

当然、
誰に向けた目標なのか?
時期や立場によっても目標、抱負の内容は変わってきます。

なのでそのインスタグラムで皆さんが発言していた目標に
どんな意図があるのか、私に真相は分かりませんが

私はもうすでに競技者ではなく、コーチなので…


フェアリーの子達の目標について考える中で
自分がコーチとしての立場で今関わっている選手達が充実した1年になるように
サポートしていきたいなと感じました。


これまで、“目標”についての記事もいくつか投稿していますが、

人の目標について考えることはありませんでした。

見方によって色々な考え方が出来ますよね。

とにかく、
選手の皆さんのことは応援しています!
怪我に気をつけて頑張ってほしいですね。





コメント

タイトルとURLをコピーしました