【祈り】祈りの力|誰かのために祈ること

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“祈り”をテーマに執筆します。

皆さん初詣には行きましたでしょうか?

宗教によりタイミングや方法は様々だと思いますが
私たちは時折、手を合わせてお祈りをします。

私も初詣やお墓参り、仏壇
など手を合わせてお祈りをしています。
これも
「そうゆうもんだ」
と思って何も考えずにやって来ましたが…

今回、“祈り”には絶大な力がありそうだ、ということを感じたので
祈りの力について考えていきたいと思います。

祈りの力

最初にお伝えしますが、私は無宗教です。

しかし、見えない何かに祈ることはあります。
地元の神社、お墓や仏壇、そして試合の成功を祈って手を合わせます。

今回“祈り”に関して調べていたら、
なんと
“祈り”の効果が科学的に証明されているとの情報を目にしました。

以前、【思いこみの力】プラシーボ効果を活かす|病は気から
という記事を執筆しました。
プラシーボ効果は思い込みによって実際に効果が出るという話。

自分自身の思い込みにより身体に何かしらの効果が現れることは理解しています。
しかし、今回の“祈り”の効果というのは、

他人に対して祈ったことにも効果が現れる
ということなのです。


例えば、私が
「祖母の病気が良くなりますように」
と毎日祈っていたら祖母の病状が改善されるって話。

ゾッとしません?

疑うような話ですが、
色々な大学で研究されていてすでに論文も出ているようです。

誰かのために祈ること

誰かのために祈ること
は大切なことなのかもしれません。

何事も、“他人のために”行動することの重要性はよく言われていますね。
仕事も同じです。

私が子どもの頃、神社に行ってお参りをするときは
よく自分の願い事を思い浮かべながら手を合わせていました。

しかし、いつからかお参りは
「願い事を念じる」のではなく、「感謝の気持ち」を伝えるもの
だと認識してからは
自分の願い事を念じるのはやめています。

皆さんはどうでしょうか?

もし、誰かに対しての祈りに効果が現れるのだとしたら…?

個人的には、今年は少し外向きにエネルギーを。
と思っていたところこの“祈り”の事を知ることになったので

今年は自分だけの幸せではなく、誰かの幸せも心から願えるように行動したいな
感じています。

どのように捉えるかは自分次第ですが。


まずは、この色々な意味でのウイルスの影響が少しでも良い状況に進むよう
祈りたいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました