【新体操】成功するために“失敗する確率を下げる”|リスクのコントロール

新体操

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“失敗の確率を下げる”ということをテーマに執筆していきます。

本番で成功させるために、多くの選手が毎日練習に励んでいます。
当然反復練習も必要です。
しかし、回数を重ねることだけが成功するために必要な要素ではない…

“失敗する確率を下げる”こと、リスクをコントロールすることが大事だ
ということを考えるきっかけが最近あったので、その話を元に考えていきたいと思います。

成功するために“失敗する確率を下げる”

仕事にしても、勉強にしても、スポーツも
誰しも“成功”したいと思っています。
今回は

成功するために“失敗する確率を下げる”という選択がある、というお話。

“成功”のルートだと思って進んでいる道も、不確定要素があります。
しかし“失敗の確率”を下げることは可能。

“失敗の確率を下げる”こと、
これはキングコングの西野亮廣さんのお話を聞いたのが考えるきっかけなのですが…
新体操にも活かせるのではないか?と思って今回このテーマにしました。

新体操に置き換えて考えてみます。
本番に向けた調整にしても、演技を作成する段階にしても当てはめて考えることが出来そうです。

これをしたら確実に成功しないぞ、ということから解消していく。


例えば、本番前に沢山食べたり飲んだりしないとか
演技創作の段階では、タイムオーバーギリギリの曲を使用しない、とか…

本番前に沢山食べたり飲んだりなんかする人いないですけど、
確実にミスに繋がりそうなことを省いていく作業をする。
ということです。


よくよく考えれば当然のことなのかもしれませんが、
“失敗する確率を下げる”こと。


これはすごく大事だな、と思います。

リスクのコントロール

よくよく考えれば、
リスクはある程度コントロールできるの。

もちろん予想外な事故や失敗はあるんですけど

ダメージを少なくするように、自分でコントロールすることは出来る。

知らないうちに私達は様々な状況でリスクのコントロールをしているとは思いますが、

この“リスクのコントロール”が上手に出来るようになることが“失敗の確率を下げる”
ということに繋がる。

意識して、リスクのコントロールをしてみる。
私達はいつも“成功”ばかりにフォーカスしがちで、何をしたら“成功”に近づくのか?
点数の高い技ばかり入れることを考えてしまうことも往々にしてありますが、

“失敗の確率を下げる”ということを考えてみるのも必要だと、思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました