【スランプ】を脱却するためには?|期待と想定

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“スランプ”について執筆していきます。

皆さん“スランプ”に陥ったことはありますか?

思うように結果がでなくなったり、つまずいてしまうことは
スポーツでも勉強でも、そして仕事でも起こり得ます。

今回は、“スランプ”の脱却方法について考えていきたいと思います。

スランプを脱却するためには?

スランプを脱却するためにはどうしたら良いのでしょうか?

結論、
・目標の“結果”を求めすぎない
・感情的にならずに現状を分析すること

スランプの意味は下記の通りです。

【スランプ】
心身の調子が一時的に不振になっている状態。また、実力が発揮できず、成績などが一時的に落ち込んでいる状態。

goo辞書

私の解釈ですが…
スランプに陥る、ということは結果に対して求めるものもある程度高い。
そして“結果”にフォーカスしているからこそ、スランプに陥る。

そもそも、あまり結果に拘らない人はスランプに対してもそれほど気にならないのではないでしょうか?

ロボットではないので、心身の状態に波があるのは当たり前です。

理想の目標になかなか届かなかったり、その“結果”を追い求めすぎると
調子が悪い時に負ループに陥りやすいのだと思っています。

だからこそ、調子が悪い時こそ
・目標の“結果”を求めすぎない
・感情的にならずに現状を分析すること

これらが大事です。

目の前の課題に目を向けてコツコツと一つずつクリアして行くことが大切。

期待と想定

目標に対する期待と実際のスケジュール、想定が大きくズレた時に
いわゆる“スランプ”に陥る。

期待が大きすぎて、自分自身の結果が追いついていない
という状況を実感してしまうと不安になってしまいますよね。

期待が大きすぎる、という事もなく、
普段から出せる力が出せなくなる事も当然ありますが、
そんな時こそ必ず原因があるはずなので“スランプ”という言葉に甘えずに
現状の分析をしてダメなことを改善して行く必要があります。


いずれにしても、波はありますし
負の連鎖は続いてしまうので、不調は一時的なものだと思って
乗り越える事が大事だと感じています。

“スランプ”に陥ってしまった時は、

・目標の“結果”を求めすぎないこと
・感情的にならずに現状を分析すること

これらを意識してみたらどうでしょうか。

良い時もあれば悪い時もある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました