【パーソナルスペース】立場や状況に応じた“パーソナルスペース”を考える|人との距離感

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“パーソナルスペース”について執筆していきます。

皆さんは他人とコミュニケーションを取るときに“距離感”について考えたことはありますか?

考える、とはいえ
コミニュケーションを取る度にいちいち“距離感”について考えなくても、
自然と“距離”を保っているのだと思います。

距離と言っても心の距離・身体の距離ありますので具体的な表現が難しいですが…
“距離感”は間違いなく大事ですよね。

立場、という意味では友達と初対面の人との“距離感”は当然違いますし、
状況で考えるとプライベートな場面と仕事の場面でも付き合い方は変化するはずです。

“パーソナルスペース”を考えていくことは人付き合いをする上でとても重要なことなのではないか、
と感じています。

立場や状況に応じた“パーソナルスペース”を考える

そもそも、
パーソナルスペースとは何か?

【パーソナルスペース】
他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリア個体距離対人距離とも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今回の記事では、実際の人と人の“距離”というよりは、
立場や状況に応じた“心の距離感”というようなイメージで“パーソナルスペース”を捉えて
考えたいと思います。

この“パーソナルスペース”を立場や状況に応じて上手く使い分けできるようにする技術が必要

上手く使い分けることが出来ないと、
いわゆる
・馴れ馴れしい
・空気読めない


などと思われてしまうのではないでしょうか…

ではどうしたら、上手く使い分けるようになるのか
その方法をいくつか挙げてみます。
・相手の立場になって考える
・トライアンドエラー
・真似する

まずは、やはり相手の立場になって考えること。
そして失敗して、改善しチャレンジしていくことを繰り返すことで付き合い方を学んでいく。
最後の“真似る”に関しては、人との距離感が上手いなと思う人のことを“真似る”ということです。

どうでしょうか?


やはり相手の立場になって考えること“思いやり”は大切ですね。

人との距離感

先ほど、相手の立場になって考えること“思いやり”は大切だとお伝えしましたが、

考えすぎも良くない、と感じています。

言っていることが矛盾しますが
“相手の立場になって考える”この限度を超えて相手のパーソナルスペースに
入り込みすぎたり、理解しようと思いすぎるとかなり疲れます。(個人的に)


そもそも、なぜ人との距離感について執筆しようと思ったかというと
他人の行動が自分に対する影響を感じた事ももちろんそうなのですが、

相手のことを理解しようと努力することに疲れた、ということが起きたからです。


何事もバランスが大事です。
そういった意味でもパーソナルスペース、“距離感”の重要性を感じました。



疲れてでも相手のことを考える必要はあるのか、
どれほど“パーソナルスペース”に近づくのか?

これは立場や状況を踏まえて自分自身が選択する必要がある、と感じたのです。

コーチという仕事においても、選手との“距離感”はとても重要。
距離が近くなりすぎても遠すぎても良くない…

重要なこと、まとめます。

・相手との立場や状況に応じて“距離感”を使い分ける技術を身につける
・自分のパーソナルスペースを守る事

コメント

タイトルとURLをコピーしました