“心と身体と料理”の関係|料理の面白さ

食事

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“心と身体と料理”をテーマに執筆していきます。

言うまでもなく、食べるものや食べることは心と身体と密接に関係しています。
食事をテーマとした記事も投稿したいな、とずっと思っていながら今回ようやく投稿できます…

皆さん、料理はしますか?

また、料理は好きですか?
嫌いですか?

様々な人がいると思いますが
今回は、料理が心と身体にとってどんな影響があるのか、
そして料理の面白さについて考えていきたいと思います。

“心と身体と料理”の関係

食べることは好きだけど、“料理”するのは面倒・苦手…
という人もいるかもしれません。

どこからが“料理”なのか
という話をしたらまたややこしくなりますが…

今回は“料理”が心と身体にとってどんな影響があるのか、
“心と身体と料理”の関係について考えていきたいと思います。

そもそも、
健康に日々楽しく過ごすためには“料理”は必須です。
毎日食事をしますし、深く考えない人もたくさんいると思いますが
どんな食材を料理するのか、何をどこでいつ食べるのか
ということはかなり重要なことです。

なぜならば、
自分の身体は自分が食べたものによって作られているからです。



私自身もこれまで様々なダイエットをしてきましたし、
選手達の食事制限による身体と心の変化をそばで見ているので

食べるものが心と身体に与える影響は身に染みて感じています。

食べる物、食べ方によって
心と身体を壊してしまうこともある。しかし、
気持ちが明るくなり、健康にも美容にも良い影響を与えることもあります。


何より、
どんな食材を料理するのか、何をどこでいつ食べるのか

ということを考え実行せずに“健康”や豊な生活を得られることは無いのです。

料理の面白さ

料理や食事に対して関心を持って楽しむことが出来たら良いですよね。

“料理の楽しさ”
について考えていきます。

料理が楽しい前提でお伝えしていますが、
上手い下手関係なく料理は楽しいと思っています。

スポーツや勉強(多分)と一緒で、
ある程度コツが掴めて結果が出てきたらより楽しくなる。

【料理の楽しさ】
・1から作り上げること
・出来上がった料理を食べること
・誰かのために作ること
・成果が分かりやすいこと
・法則があること

料理の楽しさをいくつか挙げてみました。

世の中のお母さん達は“家族のために作る”ことが料理をする目的になっている場合も
多いと思いますが、
誰かのために作ること以外にも魅力はあります。

考えていたら、“料理”はスポーツと似ているなとしみじみ感じました。
ある程度上手くいくための法則、やり方があって
それ通りにやれば上手くいく。

技を習得したり知識を得ると、より高度な技ができるようになる。

そして何より
料理は出来上がったものを食べることができる楽しさがあるし、
成果が分かりやすい。

美味しいのかまずいのか、食べたらすぐ分かりますし。

何より綺麗に盛り付けられた料理を見ると気持ちも明るくなりますよね。

まとめます。

・どんな食材を料理するのか、何をどこでいつ食べるのか、
 ということを考え実行せずに“健康”や豊な生活を得られることは無い

               

・“料理”に関心を持つ
・コツや法則を覚えることで“料理”が楽しめるようになる






コメント

タイトルとURLをコピーしました