【視野を広げる】ということ|話を聞き入れることが出来る自分と話を聞く人

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“視野を広げる”ということをテーマに執筆していきます。

皆さんは“視野を広げたい”と感じたことはありますか?

私は視野を広げたいなと感じています。
視野を広げることで自分にとって良い影響があると思うからです。


大自然を目の前にすると、自分がちっぽけに感じられたり、
外国に行って他文化に触れることで、自分の生きている世界の常識が通用しないことに気が付く。
世の中にはまだまだ知らない世界が沢山あるはずです。

私は幼い頃から新体操付けの毎日を送ってきましたが、
何か一つのことを極める、ということはある意味で視野が狭まることだと感じています。

それが悪いことだとも思っていませんが…


今回は“視野を広げる”ということは自分にとってどんな影響があるのか
考えていきたいと思います。

【視野を広げる】ということ

私が思う視野を広げることのメリットをお伝えしていきます。
視野を広げることのメリット】

・思いやりが持てるようになる
(自分中心な考えや行動、固定観念に囚われないようになる)
・物事をポジティブに考えることが出来る
・行動力が養われる
 
視野を広げると、世の中には自分の価値観の中では想像できないことに遭遇したり、
全く違う考えを持った人がいることに気がつきます。

そうすると、固定観念に縛られずに思いやりが持てるようになる。
他人を尊重出来るようになるきっかけとなると感じています。

また、何かアクシデントが起きた時には当然ネガティブになってしまうこともあるとは思いますが
日頃から視野を広げていることによって、物事をポジティブに考えることが出来る。
一つの考えに執着せずに柔軟に対応できるのです。

そして、知識が増えることによって選択肢も増えるので行動力が養われる。
 
今のところ、視野を広げることのデメリットは私はあまり感じていません…
 
 
では、どのように視野を広げていけば良いのでしょうか。

話を聞き入れることが出来る自分と話を聞く人

視野を広げる方法の一つとして、
“他人からのアドバイス(話)を聞く”ということがあります。

他人からのアドバイスは聞く必要がない、
なんて意見も多いのですが私は自分にない価値観や感性の人と話をすることは
視野を広げるためにはとても良いことだと思います。

ただ、話を聞く場合は下記の2つの注意が必要です。

【アドバイス(話)を聞く際の注意点】
・話を聞き入れることが出来る自分がいること

・聞く人を選ぶこと

アドバイスは聞くけれど、結局答えは決まっていて
自分が欲しい答えにたどり着くまで聞き続ける
なんてパターンは女性にはあるあるな話かもしれません…

自分とは違う価値観や意見を持った人の話を聞き入れることが出来るのか、
ということは大切です。

また、
話を聞く時に的確なアドバイスをくれる人なのか?
聞きたい話の内容に沿った経験がある人、もしくは知識のある人に聞いた方が良い。

極端な話ですが、
例えば転職の話を学生に相談しても、立場が違うために望ましい答えは返って来ないかもしれません…

だからこそ聞く人を選ぶ、ということも大切です。


仕事の悩みは、異業種の方から聞くのも良い
という話もあります。


というのは、同業種だと自分と同じ目線・同じ視点での話になりますが
異業種の人から話を聞くことによって普段は気が付かないところが見えたりする為です。

自分の中だけの狭い世界で生活しているよりも、視野を広げることによって
様々な発見があるはずです。

そこには良い発見も、悪い発見もあるかもしれませんが…


“視野を広げる”ということは
自分にとって、きっとメリットになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました