“満たされる”技術|与える、そして与えられる

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“満たされる”ということについて執筆します。

皆さんは、満たされていますか?
満たされていると言っても欲求は沢山ありますよね…


表面的ではなく、自分自身の心が満たされているかどうかです。

私は最近、“満たされること”ということは技術なのではないか?
と感じています。

“満たされる”技術

“満たされる”ということが技術、

正確に言うと“満たす”技術を磨くことで“満たされる”ことができる。

そう、仮定して話をしていきます。

“愛する”ことと、“愛される”ことの関係と同じで
誰もが愛されたい、満たされたいと思いますが、
待っているだけでは満たされることはない…

何もしないで“満たされる”環境が出来ることはない。

満たされるために自分の行動や考え方を変えていく。

“満たされる”自分でいる必要があります。

心が満たされると何が良いかというと…
“余裕”が出来ることです。


余裕が無いと、周りの事が見えなくなって良いことないですよね…

与える、そして与えられる

「愛されたいなら愛しなさい」
という言葉があるように、

“満たされる”
で考えた場合、誰かから必要とされる、認めてもらえる
という承認欲求を満たす場合、

まずは自分が求めていることを相手にもしてあげる。
ただ求めるだけではだめ、ということに置き換えられるのではないでしょうか?

与える、そして与えられる


これが必ずしも全ての場合に当てはまるとは限りませんが、

人は、1人で生きていくことは出来ないし
誰かのために何かをしてあげる、そしてその行動や気持ちが必ず良い循環となって
自分にも返ってくる

そんなふうに思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました