仮想的な非日常を求める理由|ないものねだり

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“非日常”をテーマに執筆していきます。

仮想的な非日常とは、いわゆる映画や読書のことを指します。

皆さん、旅行することもあると思いますが、
旅行も非日常を求めるため、その非日常を味わいたいからだと思っています。

ではなぜ非日常を求めるのか?

今回は“非日常”をテーマに考えていきたいと思います。

仮想的な非日常を求める理由

仮想的な非日常を求める理由、それは
満たされていないことを埋めるため

このように私は思っています。

仮想的な非日常は映画や読書のこと、とお伝えしましたが

先日、私はとある映画を見ました。
小説が原作でそれを映画化した話。


ディスるのでタイトルは伏せます。笑

要はその映画、面白くなかったのですが非日常を感じられたなとは思ったのです。
私は面白くないと感じましたが、泣くほど感動した人もいるでしょうし、

映画鑑賞をする事で今の自分に足りないもの、
満たされていないものを埋めることができる。

仮想的な非日常を求める理由は、
満たされていないことを埋めるため

ではないでしょうか?

ないものねだり

【ないものねだり】
ない物を欲しがること。実現できないことを無理に望むこと。

                                        goo辞書

非日常を求めることも、“ないものねだり”のような気がします。
人は、“ないものねだり”をするのが本能なのでしょうか?

人間には刺激を求める性質のようなものがあるのかもしれません。

とは言っても、刺激を求めるタイプと安定を求めるタイプがいると思いますが…

恋愛において刺激を求める人は仕事や私生活に満足していなくて、
仕事や私生活に満足している人は、安定・安心?した恋愛を求める
なんて話もどこかで聞いたことがあります。

面白いですよね。

色々なところで自然とバランスを取ろうとしているのかな、
としみじみ感じています。

何か日常に刺激を求めたりすることのメリットも沢山あると思います。

ただ、自分が何か“刺激”を求めようとしている時は
自分の人生の中で満たされていないことや不安なこと、充実できていないことがあるのかもしれない。

そんなことを探す指標にもなりそうです。

満たされていない欲求がある時に何か刺激を求めたりする場合があるのかもしれません。
当然、一概には言えませんが。


そう考えたら、
それが非現実的なものから得られるなら、安心・安全で便利ですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました