きれいは汚い、汚いはきれい|物事の見方、捉え方

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

シェイクスピアの四大悲劇の一つ「マクベス」の中での魔女の台詞


“きれいは汚い、汚いはきれい”

今回はこの台詞をテーマに執筆していきます。

“良いは悪い、悪いは良い”
と訳されることもあるみたいですが、

いずれにしても対義語である言葉
この台詞が表す意味はなんでしょうか?

きれいは汚い、汚いはきれい

“きれいは汚い、汚いはきれい”
この言葉の解釈は様々だと思いますが…

表裏一体

ということなのかな、
と個人的に考えていました。

表裏一体の意味は下記の通りです。

【表裏一体】
二つのものの関係が、表と裏のように密接で切り離せないこと。
▽「表裏」はおもてとうら。「一体」は一つのものの意。
表裏は同体で切り離すことができない関係にあること。

goo辞書

また、
価値観が人それぞれ違うように
見えている景色、感じている世界は異なる(可能性がある)

例えば、この上記の写真が“綺麗”だと思う人もいるし“汚い”
と感じる人もいる。(かもしれない)

正しい、と思った事がみんなに対して必ずしも正しいとは限らない。

良かれと思って行動した事が相手にとっては災いだった…
なんてこと、ありませんか?

物事の見方、捉え方

状況や立場、環境によって物事の見方、捉え方は変わってきます。

ある人によっては良い事が、ある人によっては悪い事だったりもするので
良し悪しを決めるのも難しい…

“きれいは汚い、汚いはきれい”このテーマを執筆しようと決めてから、
考えていく中で

日常で、そして映画など
何気ないやり取りの中でこの物事の見方、捉え方の違いによるすれ違いが往々にしてある
ということに改めて気付きました。

先ほどもお伝えしたように、
良かれと思ってしたことも相手にとっては災いになることもある。

その出来事に気付く時もあれば気が付かない時もある。


世の中には沢山のすれ違いと矛盾があります。

物事、表裏一体だなと感じる時も沢山あります。

“きれいは汚い、汚いはきれい”

この台詞は、

価値観が人それぞれ違うように
見えている景色、感じている世界は異なる(可能性がある)

そして、正反対に思えることも密接で切り離せない関係にある。

ということを伝えたかったのかなと
私はそう思っています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました