“結果は後からついてくる”について考える|矛盾と向き合う

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“結果は後からついてくる”ということについて執筆していきます。

“結果は後からついてくる”という言葉がありますが、
皆さんはこの言葉についてどう思いますか?

この結果はもちろん良い結果のことを指しますが、それが“勝利”だとした場合、
わたしはこの考え方では勝てないのではないか…
と最近考えていました。

もちろん、“結果は後からついてくる”ということも全て否定するつもりはありません。

むしろ、正しい部分もあると思っています。

しかし、大会に出場してスポーツに取り組んでいる以上は
“勝利”を目指す過程で得られる事が沢山ありますよね。

“勝利”が目的になっても良くないとは思いますが、
もし本当に“勝利”を望むのであれば、やはり“結果は後からついてくる”

という考え方では勝ちきれないのではないか…
と、思っています。


勝てる時もあるとは思いますよ。
しかし、結果がついて来ることは少ないのではないか…
と感じています。

“結果は後からついてくる”について考える

“結果は後からついてくる”について
この考え方をする場合の私が思う注意点を挙げます。

・“勝利”にこだわっているときは“結果は後からついてくる”なんて考えない
・自分の努力の方向性を確かめることを怠らない

これは
努力する過程での考え方です。

1つずつ説明していきます。
“勝利”にこだわっているときは“結果は後からついてくる”なんて考えない
なぜかと言うと、“甘え”が出てしまうからです。
周りを見ないで自分のベストを尽くしていてもダメなときはダメだし、
自分にフォーカスし過ぎてもて良くない場合があります…

結果に執着しすぎても良くないとも思いますが、“勝利”にこだわっているときは
やはり“勝利”に執着しなければ勝てないと思うんです…
だから、もし“結果は後からついてくる”と考える場合は、“勝利”にこだわらないこと。
勝ちたいならば、やはり“勝利”にこだわらないと勝てない。

もし、“結果は後からついてくる”と考えながら練習を進めていく場合は、
自分の努力の方向性を確かめることを怠らない
これも意識する必要があります。

その“結果”とは、自分にとって何なのか?
目指すべきゴールを明確にした上で努力の方向性を確かめる。
これが大切だと思っています。

矛盾と向き合う

自分でも今回のテーマを考えながら思うのは、
色々な場面で“矛盾”が生じるということ。

しかし
世の中には沢山の“矛盾”があって、常にその“矛盾”と向き合っていく必要があります。

“矛盾”があるからこそ考えるきっかけが増えたり、一喜一憂できる。


スポーツをする上ではプロセスの重要性は充分感じているけれど、
だからと言って“結果は後からついてくる”という考え方だと勝てない。
(これは私の考えです)

目標設定と
それにかける思いと実際のやり方
色々なことを考えていくと沢山の“矛盾”と出会うことになります。

どのスポーツにもあると思いますが、
“勝ち方”ってありますよね。

当然“勝ち方”にもこだわった方が良いと思っていますが、
“勝ち方”にこだわり過ぎても勝てない。
これも矛盾の一つです。

伝え方が難しいですが…


いつでも“バランス”をとりながら優先順位を決めたり、
努力の方向性を決めたりします。
そのバランスの取り方が難しいですよね。

それでも、様々な“矛盾”があるからこそ考えるきっかけが増えたり、一喜一憂できる。

だから“矛盾”を感じた時にこそ自分が成長できるチャンスなのかもしれない!
と、思って“矛盾”と向き合えたらいいのかな
なんて思っています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました