【勝利と敗北】勝利を求める理由|敗北から気付く事

コーチング

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“勝利と敗北”について執筆していきます。

先日、私がコーチングしている選手たちが出場した、大きな試合が一つ終わりました。


結果だけをみて感想を述べると“非常に残念”でした。
いわゆる“敗北”です。

スポーツをしている人は誰しも“勝利”を求めています。
なぜ、勝ちたいのか?

勝ったら何を得られるのか?


疑問に思ったことはありませんか?
(プロ選手で、お金がもらえる場合は除きます)

敗北から得られることも沢山ありますね。
だから、
“スポーツは結果が全て”
とは言い切れない。
と考えることも当然できますが、


“スポーツは結果は全て“
これは私は間違っていないと思っています。


勝敗によって評価が決まるからです。 


どんな“勝ち”でも、
どんな“負け”
でも、勝ちは勝ち、負けは負け、なのです。

勝利を求める理由

“勝利”を求める理由、私なりに考えてみました。

【勝利を求める理由】
・承認欲求
・本能
・自己肯定感

勝利することによって、承認欲求を得られたり自己肯定感が高まるのは容易に想像できます。
また、競争心が人間の本能、ということも言われていますよね。

ただ、
これらの“欲”は“勝利”を強く求めるドラッグのようだと私は感じています。


“勝利”すること
が目的になってしまったら、
その“勝利”は意味の無いものなのではないか…
と思うのです。

先ほど、“スポーツは結果が全て”だとお伝えしたので矛盾しているかもしれませんが

勝利のためなら何しても良い
という状態で“勝利”しても、それはあまり意味の無い勝利だと私は思っています。

大前提、結果が全てではあるけれど
例えば“勝利”のために相手を蹴落とすようなことをしたり
相手の失敗を望むようであれば
それは、意味のある“勝利”には繋がらないのではないでしょうか。

その場は評価されて嬉しいかもしれませんが、
きっと心が満たされることはない。

冒頭、私は“敗北”した
とお伝えしたので負け犬の遠吠えだと思われるかもしれませんが…
“勝利”は“お金”と似ているのかな、と感じているのです。

敗北から気付く事

冒頭述べたように、
“敗北”を通して学べる事は沢山ありますし

“勝利”よりも“敗北”から学ぶことの方が沢山ある気がしています。

結果よりもプロセスが大事
なんてことは当然のことなのですが…

時には、
“勝利”よりも“敗北”に大きな意味を感じられることもあるのだと感じています。
“敗北”した時こそ、色々なことを感じ、考えられるチャンスだと思って
自分自身と向き合っていけたらベストです。

とは言っても、
これは綺麗事でとにかく“勝利”することに意味がある、
という考え方もできます。
“勝利”に対する価値観は人それぞれですから。

しかし、“敗北”した時にこそ
今後どのように自分を成長させていくのか

“敗北”の捉え方によって今後の成長と
今後得られる“勝利”の質が変わるはずです。

皆さんは、勝ちたいですか?

なぜ勝ちたいですか?











コメント

タイトルとURLをコピーしました