絶望とは?|いつだって自分が変わっていく事が大切

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“絶望”について執筆していきます。

皆さんは“絶望”を感じた事がありますか?
何か希望を失ったり期待を持てなくなったり…

でも挫折って、自分自身で良し悪しを決め付けているからこそ“絶望”を感じるのかもしれない…
と最近ふと思いました。

今回は“絶望”を感じた時の対処を考えていきたいと思います。

絶望とは?

絶望とは?

希望を失う事。全く期待できなくなる事。

goo辞書

絶望を感じるシチュエーション、その感じ方は人それぞれだと思います。

絶望を感じたことのある人も、あまり感じたことのない人も
人生きっとどこかで“絶望”を感じる時は来るでしょうし、
その時にその“絶望”とどのように向き合えるのかが大事だと思っています。

希望を失った時。
全く期待できなくなってしまった時。

このような時は感情的になって冷静な判断ができない状態になります。
全てを投げ出したくなったり、逃げ出したくなったりしますが
一つだけ言えるのは、
その場の“感情”で行動してしまわない事。

私のこれまでの経験で一つだけ後悔しているエピソードをご紹介します。


全てを投げ出したくなった時があって、
当時契約していた携帯電話を衝動で解約しました。
どんな事が絶望だったのかははっきり覚えていませんが、
色々と積み重なったのだと思います。

携帯電話があったら何でも出来るこのご時世、
逆に無かったら不便なことは沢山ありますよね…

しばらく携帯電話なしの生活をしていましたので
流石に不便を感じて“パカパカの携帯”いわゆるガラケーを使っていましたけど。

今ではi phoneを家に忘れてしまっただけでもソワソワしてしまいますけどね。

何を言いたいかというと、
その場の“感情”で行動してしまわない事が大切です。

いつだって自分が変わっていく事が大切

例えどんなに理不尽な事があったとしても、絶望を感じたとしても
“いつだって自分が変わっていく事”
このように考えていく事が大切なのではないでしょうか。

不満も言い訳も、探せばいくらでもあるけれど
原因や改善するポイントは必ず自分にもあるからです。
そして唯一変われるのは自分だからです。

とは言っても、
そんな簡単に前向きになれなかったり、
気持ちを切り替える事ができないですよね。


しかし、これは訓練すればどんな時も
自分自身と向き合う事ができると感じています。


感情的になる時も当然ありますが、
ヤケクソになって行動せずに、考え続けることに意味があるのかもしれません。

“絶望”を感じた時こそ自分の“物差し”で判断しない事。
色々な角度から考え続けたら、必ず何か答えが見えてくる。


そして自分が絶望を感じている中でも
世の中ではきっともっと絶望を感じている人もいるはずですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました