【再現性】を高めるには|完璧を求めないバランス|新体操

コーチング

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は新体操競技における“再現性”について執筆していきます。

新体操競技(スポーツ)においては“再現性”を高めることはとても重要なことです。

皆さんはどのようにして“再現性”を高めていますか?


新体操は本番中、天候に左右されることもないし、他のチームの人と
接触することはない上に、決められたプログラムを正確に実施できるか
という事が求められるので“再現性”を高めることが重要になってきます。

当然、反復練習は必要ですね。


技術的なことはもちろんですが、
今回はメンタル的なことにフォーカスして
新体操における“再現性”について考えていきたいと思います。

【再現性】を高めるには

“再現性”を高めるにはどのようにしたら良いのか考えてみます。

【再現性を高めるために必要なこと】
①技術練習を積む(身体と心)
②本番に対する“気”の持ち方

当たり前のことを言っているようですが、
技術練習を積まないと再現性が高まらないですよね。

そして大事なことは、
本番に対する“気の持ち方”にあると思っています。

練習と本番の環境はほぼ変わらないからこそ、
変わっているとしたら“自分自身”です。

しかし、私たちは何でも機械的にこなせるロボットではなく人間なので
気持ちの浮き沈みや体調の変化を無くすことは不可能です。

どれくらいプレッシャーがかかった試合なのか、
どんな目標で臨むのか
怪我や体調によって
本番に臨む“気”の持ち方は変わるかもしれませんが

大事なことはいつだって“気の持ち方”にあると私は思っています。


気持ちの浮き沈みがあっても、その変化に対応できる“気の持ち方”
これの習得を目指す必要があるのではないでしょうか。

完璧を求めないバランス

“気の持ち方”と言っても、
それぞれの性格や考え方の癖もあるので、
一概にこれが正しい!ということはないと思っています。

しかし、“完璧に実施する”というプライドと“完璧を求めすぎない”という心の余裕が
必要です。
やるぞ!という熱い気持ちと俯瞰して自分を見る事が出来るくらいの冷静な気持ちとのバランス。
そのバランスが難しいのですが…


最後の最後は“無”に近い状態で、身体に染み付いていることを発揮する事がベストです。
それはいわゆる“ゾーンに入る”ことだと思いますが…

よく起こり得るミスは、
完璧にやろう!と思って力みすぎたり過度に緊張してしまって失敗してしまうこと。
当然、完璧は目指しますがその時の自分の気持ちやハプニングに順応したり
ミスに柔軟に対応できる心の余裕を持つ事が大事です。


技術練習を積んだことを前提にして話をしますが、
結論、
最後の最後は“気の持ち方”が大切。
ということです。

“再現性”は高めるけれども、
“再現性”に執着することをやめる

ことも“再現性”を高めることにつながるかもしれません…


コメント

タイトルとURLをコピーしました