【節目】を大切にする意義|今の自分を見つめる

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“節目”をテーマに執筆していきます。

皆さんの“節目”はどんな時ですか?
また、その節目を大切にしていますか?


入学式・卒業式・誕生日・記念日など…
大前提、“節目”は大切だと私は思っています。

しかし、
大切だとは思っているものの、私自身これまでは“節目”のお祝い事など、
お祝いするものだ、と思って特に何も考えずに過ごしてきたかなと感じています…

“節目は”どんな事が大切なのか?
最近ふと、そんな事を感じたので今回は“節目”を大切にする意義について
考えて行こうと思います。

【節目】を大切にする意義



まず“節目”とは何か?

【節目】

多く、物事の区切り、転機などの意味で用いられる表現。特に「人生の節目」の言い回しで用いられる。

weblio辞書

このように書いてあります。

冒頭述べたように、入学式・卒業式・誕生日・記念日などが当てはまりますね。

早速、私が思う“節目”の意義ですが、それは

【節目の意義】
・過去を振り返る事
・感謝の気持ちを持つ事

ひとつずつ説明していきます。

過去を振り返る事
過去を振り返るな、なんて言葉もありますが過去にすがるために振り返るのではなくて、
振り返ることによって自分の成長を感じられたり、
悔しかったこと、楽しかったことなど思い出すことで現在の活力に繋がります。

感謝の気持ちを持つ事
感謝の気持ちを持てるようになること、が正しいかもしれません…
過去を振り返ることで、沢山の人に支えられていることに気付く事が
出来るはずです。自分が今いる環境や出会った人達に改めて感謝の気持ちが
持てるようになります。
“節目”が感謝の気持ちを伝える場、となることはとっても素敵なことですね。

今の自分を見つめる

結果、“節目”を何気なく過ごさずに大切にすることによって
今の自分を見つめることに繋がると思っています。

自分を見つめることは、自分と向き合うことです。

人生において“自分と向き合うこと”は必要不可欠ですね。
困難を乗り越える時には必ず“自分と向き合う”事になります。

“マズローの欲求5段階説”
これは人間の欲求を5段階に理論化したもので、人間には5段階の「欲求」があり、
1つ下の欲求が満たされると次の欲求を満たそうとする基本的な心理的行動を表しているものですが、

その中での第5段階欲求は“自己実現欲求”です。

この理論に沿って考えるのであれば、
自分を見つめて自己実現の欲求を目指す、ということは最大の課題なのかもしれません。

“節目”はただのお祝い事ではなく、
・過去を振り返る
・感謝の気持ちを持つ

これらのことで今の自分を見つめるきっかけとなる。

“節目”を大切にすることで自分の成長につながるのではないでしょうか。

私自身、今後もより一層節目を大切にして過ごしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました