勝負の世界とは(新体操編)|戦う覚悟がありますか?

新体操

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“勝負の世界”をテーマに執筆していきます。

勝ちたい、選ばれたいと思っているあなた…
戦う覚悟はありますか?


戦う覚悟がある人は強い



私は、高校生の時に日本代表に選出されました。
結果最終的には目標としていたオリンピック出場は叶いませんでしたが、
だからこそ、“戦う覚悟”の重要性を感じています。


今回は、日本代表で経験してきたことを踏まえて勝負の世界について考えていきたいと思います。

勝負の世界とは(新体操編)

新体操は一見華やかに見えますが、その華やかな演技をするためには
苦しい練習を乗り越えなければいけません。
そして当然、勝敗が決まります。

団体競技の場合は、相手チームとの勝負だけではなく
チーム内でのメンバー争いがあります。

私はこのチーム内でのメンバー争いも日本代表での活動で経験し、学びました。


勝負の世界で必要なことをまとめてみます。

【勝負の世界で必要なこと】
・進み続けること
・現実を見ること
・負けを認めること
・戦う覚悟を決めること

戦うということは、進み続けること。
歩みを止めてしまったらもうその時点で自分の負けです。

理想ばかり考えるのではなく、きちんと現実を見ること。
自分の現状、長所や短所、やるべきこと、やれることなどを考える必要があります。

勝負の世界では、もちろん勝つ時もあれば負ける時もある。
負けた時には自分の至らないところを受け止めて“負け”を認めることも大切です。
負けた時こそ、感情的にならずに現実を見なければいけません。


そして、
戦う覚悟を決めること。

戦う覚悟がありますか?

勝負の世界で戦うならば、
“戦う覚悟”が必要です。

冒頭でも述べましたが、
戦う覚悟がある人は強い

“覚悟”とは何か?私が考える“覚悟”は、

“自分の言動と行動に責任を持つこと”

これは皆さんが当たり前に大事だと感じていると思うので
文章にしたらあまり重みがないのですが…

周りの環境や人のせいにしないで自ら選択し、行動すること。
そして誰かに頼ることなく、自分自身と向き合いながら現実を受け止めて進み続ける勇気があるのか…

・自分と約束できるか
・約束を最後まで守れるのか

ということが“覚悟”に繋がるのではないか、と思っています。

覚悟がある人は、妥協しません。

また、“覚悟”は経験を積んでいく中で、少しずつ身についてくるものかもしれませんが

私は勝負の世界を肌で感じ、
その“覚悟”の重さ、はとてつもなく重いものだと感じました。

上には上がいますし、自分の感覚の中での“頑張り”の基準もどんどん更新していく必要があります。
自分自身とその重圧に向き合えるか、進み続けることができるのか、
まさに自問自答し続けることが必要だと思います。

心から、“勝ちたい”と思うのであれば
まずは“自分自身と向きあう覚悟”、そして“戦う覚悟”を持ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました