“やり抜く力”の鍛え方|可能性を追求する

コーチング

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。
今回は“やり抜く力”をテーマに執筆していきます。

いつも少しだけミスをしてしまう、どこか甘えてしまって“やり抜く”ことができない…
そう思ったことはありませんか?

仕事において、そしてスポーツなど様々な場面で“やり抜く力”は必要になってきます。


新体操の指導をする中で、どうしたら選手の“やり抜く力”が養われるのか?
ということを疑問に思いこのテーマを執筆することにしました。

どのようなことに気をつければ良いのか、今回は“やり抜く力”の鍛え方について考えていきたいと思います。


自分に甘くならずに、“やり抜く力”身につけましょう。

“やり抜く力”の鍛え方

新体操で例えます。
“やり抜く力”と言っても、
・日々の練習を“やり抜く力”
・試合で決められた内容を“やり抜く力”

色々な場面で考えられますが、
今回の“やり抜く力”は最後までやり抜く、というイメージではなく
“自分の持てる力を最大限発揮できるかとうか”
ということを念頭に置いて考えていきたいと思います。

私が考える“やり抜く力”を鍛える方法は
質の良い練習をする練習を見直す)
・練習以外でトレーニングに繋がることをしていく

質の良い練習をする習を見直す)
当然、試合でやり抜くためには、練習でもやり抜くことができることが必須です。
日々の練習をやり抜くことができても、試合でやり抜くことができなかったりする場合ってありませんか?
試合でやり抜けない原因も様々ですが、
もし、やり抜くことができていない状況だとしたら、
“やり抜けない原因を練習の中で追求していくこと”が必要です。
当たり前のことを言っているようですが、大事なことです。

練習以外でトレーニングに繋がることをしていく

新体操でも、他のスポーツでも同じかもしれませんが、
練習では何度も反復練習ができますが、試合ではやり直すことは出来ないので、
試合と同じシチュエーションで練習できるとしたら実質1本だけになります。
だからと言って1本だけで練習を終えるのも良くないのでもちろん反復練習も必要ですが…

自分の苦手なところや、ここぞという時に“やり抜く力”は
いかに練習以外の部分で意識してトレーニングできるかということも重要だと思っています。
イメージトレーニングをしたり…


新体操以外でトレーニングしていく、ということです。

可能性を追求する

もう一つ、大事なことは
“可能性を追求する”ということです。

・自分の可能性を信じること
・途中で諦めずに追求していくこと


これらは、“やり抜く力”を鍛える上で必要な考え方です。

なぜなら、
可能性を追求する気持ちがない、
ということは途中で諦めてしまったり自分自身で可能性を狭めてしまったりするからです。

そうすると結局“やり抜く”ことが出来ない状況になってしまいます。


まずは、“やり抜く”自分をイメージして
可能性を信じること。
そしてイメージできたら、途中で諦めずに追求していくこと。
これが大切です。

今回の内容をまとめます。

【“やり抜く力”の鍛え方】
・練習を見直すこと(やり抜くための練習をしているか)

・練習以外でトレーニングしていくこと
・可能性を信じて追求すること



日々、弱い自分に負けずに“やり抜く力”を鍛えましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました