【進む道に迷った時】正しい道なんてない|変革と創造

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
今回は“正しい道”をテーマに執筆していきます。


先日、後輩と話をしている中で
「どの選択が正しいのか?と考えてしまう」
そんな話を聞きました。


自分の歩いている道が正しいのか?
どの選択が正しいのか?
こんな疑問にぶつかる時がありますね。

しかし、そもそも“正しい道”なんてない、と私は思っています。


私も「自分の選択した道が正しかったのか?」と考えた時もありましたし、
その時には親や、周りの人達に色々な言葉をかけてもらいました。


考えるばかりで立ち止まっていても何も始まらない。
どのように動き出したら良いのか迷っている、そんな疑問に対して私の意見をお伝えしていこうと思います。

正しい道なんてない

私自身が「自分の選択した道が正しかったのか?」と考えていた時にかけてもらった言葉、
その中で心に留めている言葉を紹介します。

「自分が選んだ道が正しいと思えるように行動していく」

「正しいかどうか、正しかったのかどうかは、死んだ後じゃないとわからない」

いつまでも、周りの環境の不満や不安要素に目を向けて悩んでばかりいないで、
自分で選択した道に責任を持って行動していくのみ。
これらの言葉にはそんなメッセージがあると思っています。


進む道に迷ったり、この選択で良いのかな?と悩んでいる時って
どこか逃げ道を探していたり、上手くいかなかった時の責任を負うのが怖くて
現状に逃げている状況だと私は思っています。

迷わずに行動できるかどうかは、それぞれの性格の問題も多少はあるかもしれませんが、
“正しい”なんて誰にも分からないし、人の人生は誰かに評価されるものでもないと思うので
そもそも正しい道なんてないと思うのです。

だからこそ、
「自分が選んだ道が正しいと思えるように行動していく」
ということが大事なのではないでしょうか。

変革と創造

“現状維持は後退”

このような言葉がありますね。

世の中はどんどん変化します。そしてその中で周りの人達も変わっていく。
その為、自分も嫌でも変わらなければいけない状況になるとは思いますが、
変化すること、行動することを恐れて現状維持で満足してしまっていたら
気づいた頃には周りの変化について行けずに後退してしまう…

現状に甘んじることなく、革新と創造が必要です。

私が考える“革新と創造”は、
自分がこれまで経験し学んできたもの、得たものにいつまでも執着せずに、
その経験や得たものから何か新しいものを生み出していくこと。
時には思い切って変えていくことが大切なのではないか、ということ。
そして革新するためには想像力が必要です。


どのように動き出したら良いのか迷ってしまった時、
どの選択が正しいのか?
という疑問に対しての私の意見をまとめます。

・正しい道はない。
・選択した道を正しいと思えるように自分自身責任を持って行動していくこと。
・行動しないこと、現状維持は後退する。

迷っている間にも時間は進んで、世の中も周りの人もどんどん変化しています。


何が言いたいかというと…
とにかく恐れずに前に進もう!




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました