【自己主張】自分の意見を発信しない人の特徴|自己主張の利点と注意点

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
今回は“自己主張”をテーマに執筆していきます。

日本人はあまり自己主張をしないと言われますが、皆さんはどうですか?
私自身、元々周りの人に合わせるタイプでしたが、
日本代表での共同生活、日々の練習の中で自己主張の重要性を感じ、
それからは自分の意見を発信するようになりました。


今でも自己主張をした方が良いと思っています。
なぜなら、自己主張をした方が上手にコミュニケーションが取れたり、
自分自身の心の安定に繋がるなど、それ以外にも利点は沢山あるからです。



友達との会話であまり自分の意見を発信できない方、
もしくはあえて発信しない方もいると思いますが、
なぜ自分の意見を発信しないのか?

今回は自己主張をする利点と注意点についても考えていきたいと思います。

なぜ自分の意見を発信しないのか?

自分の意見を発信しない人はどのように考えているのか、

・揉めたくない
・評価されるのが怖い
・特に意見がない
・意見を発信する重要性がわからない

これらは、実際に私が思っていたことでもありますが、
仮に何か意見を発信して揉めるのも面倒だし、自分の意見に対して評価されるのも嫌だ…
そして考えるよりも合わせる方が楽だし、そもそも周りの人に合わせる事が全く苦痛ではない。
こんな感じで考えていました。


これだけ聞くとすごく怠け者のようですが…
私が自分の意見を発信していなかった時は、自分の意見が無い訳ではなくて
周りに合わせていく事が正義だと思っていました。

自己主張の利点と注意点

【自己主張の利点】
・コミュニケーションが取りやすくなる
・ストレスを溜めないですむ
・自分の存在をアピールする事ができる
・発言に対して責任感を持つことに繋がる
自己主張の利点はたくさんありますが、
特に私が重要性を感じているのは
“自分の存在をアピールすること”と自分の意見を発言することにより、
“発言に対して責任を持つことに繋がる”
ということです。
 
自分の意見を発言しなかった私が日本代表の経験を通して自己主張するようになったのは、
意見を発信しないと自分の存在が消えていくと思ったからです。

 

実力主義とはいえ団体競技だったのでチーム内でのコミュニケーションも
大切でしたし周りに合わせるだけでは自分の存在意義を見出せなかったので
自己主張の重要性を感じました。
意見が無い人はそこに居なくても一緒だな、なんてその時強烈に感じてしまったので
今でも自己主張する癖がついています。

そして先ほど、周りに合わせる方が楽だ、と述べましたがその通りで
自分の意見を主張することはその発言に対しての責任も発生することになるので
自分の意見を言わずに周りに合わせている状況は、現状に甘えているようなものです。
もちろん、考えた上で周りと同じ意見だった場合は同調するべきですが、
それでも、きちんと自分の言葉で「同じだ」と発言する必要があると思っています。

しかし、

自分の意見を発信する時には注意点もあります。
自分の意見だけを押し付けていたら会話にならないし、当然意見がぶつかる事もあるので
・相手を否定しないこと
・一度意見を受け入れること
 
この2つが注意点です。

自分のことを主張しすぎたら自己中になってしまうので
人の意見を聞くことと自分の意見を発信することのバランスを考えなければいけませんが、

意見の違う人がいるのは当然なので、その上でみんなが意見を出し合って問題を解決していく
事が大切なのではないでしょうか。

 

“人に合わせられること”はとても素晴らしいことですが、何でもかんでも合わせる事が
正義なのではなくて、それぞれの力を出し合って改善した結果大きなエネルギーになる。

スポーツも、家族も同じなのではないかと私は思っています。

自分を発信することで、何か新しい発見もあるはずなので
普段あまり自分の意見を言わない人も自分を発信してみてはいかがでしょうか。

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました