スポーツにおけるコーチングも教育|コーチの立場で思う事

コーチング

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。
今回はコーチ目線で“スポーツにおけるコーチング”をテーマに執筆していきます。

コーチはとても難しい仕事だと感じていますが、それと同時にやりがいのある仕事です。


コーチの皆さんは、
どんな事を選手に教えるのか?
勝つためなのか?
仮に勝つためだとしたらなぜ勝つ必要があるのか?
明確に答える事が出来ますか?

もし学生コーチだとしても人に何かを教える、ということは“教育”です。
とても重要な役割で、選手に放つ言葉のひとつひとつの重みを感じなければいけない。

私自身も、まだまだ未熟で“教育”を語れる立場でもないですが
現在コーチをする上で思う事、そしてコーチとしてのあり方について
皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

スポーツにおけるコーチングも教育

“教育”と聞くと学校教育をイメージしやすいですが、
スポーツにおけるコーチングも教育です。

何が言いたいかというと、
スポーツの現場のコーチは、“勝つこと”ばかりに目がいってしまっている人が多いのではないか、
ということです。
一昔前に比べたらだいぶ少ないとは思いますが…

技術の指導はもちろんですが、勝つためには何をしても構わない、
勝つ事が最大の目的になってしまっているコーチもいるのではないか…

当然“勝つこと”を重視しても良いですが、
人間性を見失うような機械的な選手を育てるのは間違っていると私は思っています。

そもそも、冒頭述べたように
人に何か教えるということは、“教育”です。
心と身体の両面から、そして知識も技能も高めていく必要があります。


みんな同じやり方ではなく選手一人ひとりに合ったコーチングをしなければいけない、
ということはとても複雑で難しいことです。

勝つことも大事ですが、それ以前にスポーツ指導も“教育”として捉えて
選手一人ひとりと向き合っていかなければいけない。


そのためにコーチも学び続ける必要があると感じています。

コーチの立場で思う事

現在私がコーチをする上で思うこと、そして改善する必要がある事を考えてみます。

・コーチが“コーチとして”生活ができる環境をつくること
・コーチがコーチングを学べる環境を増やすこと

まずはこの2点です。


コーチをしている人はこの問題で悩んでいる方も多いと思いますが、
きちんと仕事として生活をしていけるコーチはどれだけいるでしょうか?
私は新体操が専門なので新体操で考えますが、
新体操のコーチだけで生活が出来る人は少ないです。
バイトをしながらコーチもしている、そんな人が沢山います。


まずは、コーチとして責任を持って働ける環境が無いと
コーチも増えていかないし、学ぼうとする意欲も湧いてこない。


これらは私が今後少しずつ、自分の出来ることから改善しよう
と思っている事です。

選手を一生懸命続けてきて、指導も頑張りたい!
と思ったけれどコーチングだけでは仕事ができない、
これまで学んできたスポーツの技術だけでは仕事にならない…
そんな環境では質の良いコーチも増えていかないと思うのです。

そして、選手が競技引退後に培ってきた技術を活かしたい!と思った時に
その力を発揮できる場所があれば良いな、と思っているので環境を少しずつでも
変えていけるようにしたいな、と個人的には思っています。

私の話になってしまいましたが、
そんな事を考えています。


まとめると、
・スポーツのコーチも“教育”として、選手の人としての成長を促す事
・そしてコーチのコーチング環境を整える事


これらが必要だと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました