【スポーツで得られること】緊張感|決断力と実行力

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
5歳から新体操を始め、現在は未就学児から大学生までの選手に指導をしています。
今回は“スポーツで得られること”をテーマに執筆していきます。

”スポーツで得られること”は沢山ありますが今回は緊張感、そして決断力と実行力について
お伝えしていきます。


スポーツをやっていた方は想像しやすいと思いますが、
主にスポーツの試合などで感じる独特な“緊張感”
この緊張感は日常生活の中ではあまり実感することは出来ませんよね。

しかし、
ふとスポーツで学んだことが日常生活に繋がるな、と思う瞬間があります。
スポーツをしてきたからこそ得られた、決断力と実行力。
そして緊張感に耐えられるハートはスポーツで鍛えられたからなのではないか…

私個人的にはそんなふうに感じる場面があります。
もちろんプラスに考えて、です。


スポーツをすることでどんな事が日常生活に活きてくるのか、
私の意見をお伝えしていきます。

スポーツで得られる緊張感

自分の話になってしまいますが、“スポーツで得られる緊張感”
これを先日、日常生活で感じました。それは、

何かを決断する時
一歩踏み出そうとする時
です。

正確に言うと仕事の話なのですが、久しぶりにドキドキ…だけどワクワクするような、
試合の前の緊張感に似た感覚を感じました。
ある程度プレッシャーを感じないと緊張感は持てないと思いますが、
例えば社会人であれば、何か仕事で大きなプロジェクトを任された時、大事な商談がある時など…
成功するのか、失敗するのか…
どのような評価をされるのか、とてもドキドキしますよね。

仕事の成果主義とスポーツの勝負の世界は似ている気がします。
スポーツにしても仕事にしても、良し悪しはいつだって自分が決めるわけではなくて他人が決めます。
結果が出るかどうかは自分次第。

緊張感に押し潰れそうになる中で、どのように気持ちをコントロールしていくのか、
そしてどのように緊張と向き合うのか、この術はスポーツをやっていると身に付くと私は思っています。

緊張している中でも自分の力を出し切れるトレーニングをしているからこそ、
一歩踏み出す事ができる。
そういった経験をしてきたからこそ実行に移せる。

何かを決断する時、
一歩踏み出そうとする時にはスポーツで鍛えられた、“気持ちをコントロールする力”が役に立ちます。

決断力と実行力

決断力と実行力もスポーツで得られます。


決断したけれどなかなか実行できない、
もしくは言われたことはすぐに実行できるけれど、自分で決断出来ないなど…
決断と実行、どちらかだけでなく両方必要ですよね。

決断力と実行力これらは“スポーツ”で養われます。

以前、他の記事でもお伝えした事があるかもしれませんが、
たまにスポーツの習い事をしていても無駄だと考えている人もいるようですが、
技術の他にも学べる事が沢山あります。
学校の勉強も、もちろん学ぶべき事がありますが、机に向かっているだけでは養われないことも
スポーツでは経験する事ができます。

考えるだけでなくて“決断し、実行する力”

まとめると、スポーツをやっていた事で
プレッシャーのかかった場面でも決断し、実行することが出来ます。

決断して実行して、失敗しても良いのです。
むしろ失敗がないと成功もない。
自ら決断して実行する事が大切。

そんなことを教えてくれたのもスポーツ(新体操)です。

もちろん、社会人になって背負うものも増えた時には何かを決断し、実行する時の
緊張は増しますが…
それでも、いつだって一歩踏み出す勇気を持って実行に移せたら良いな、
とそんなふうに思っています。





コメント

タイトルとURLをコピーしました