“安定”させるためにはどうしたら良いか|強化するポイント|良し悪しを知る

新体操

こんにちは、Misakiです。
現在、未就学児〜大学生までの選手に新体操の指導をしています。

今回は“安定”をテーマに、執筆していきます。

技を安定させたいな、と思った事がありますか?
沢山練習を重ねることも大切ですが、何も考えずに練習を重ねていても意味がありません…


今回は、“安定”させるためにはどうしたら良いか、
技術的に強化するポイントなど、私の意見をお伝えしていこうと思います。

“安定”させるためにはどうしたら良いか

“安定”させるためにはどうしたら良いか、それは
“コントロール”出来るようになることです。

これは、私がピラティスを通じて学んだ事でもあります。

新体操を例に考えてみます。
演技中に入っている技は当然、安定させたいですよね。
もちろん、良い時もあれば悪い時もありますが、なるべくコンスタントに良い演技が出るようにしたい。
そのためには技をコントロールする必要があります。

手具を自分の思った通りに動かす事ができるのか、
また、自分の思った通りの場所に投げる事ができるのか…
取り辛い投げが来ても対処できるのか、
など、安定させたい技を自分でコントロール出来る事=“安定”に繋がります。

ということは、
日々の練習では自分のやりやすいポジション、やりやすいタイミングの時だけ完璧にこなせても
ダメ、という事です。
自分の予期せぬ状況になった時にも対応出来るように、投げが乱れてしまった時など
自分の思い通りにいかなかった時も対応する事を日々の練習を通して実践していく必要があります。

“安定”させるためには、“コントロール”できるようになることが大切です。

良し悪しを知る

先ほど、“安定”させるためには、“コントロール”できるようになることが大切
とお伝えしましたが、


コントロール出来るようになるにはどうしたら良いのか?それは
“良し悪し”を知る事です。


新体操の団体競技を例にします。
手具の交換をする時、自分の投げた手具が良かったのか、悪かったのか
どんな時が良くてどんな時が悪いのか、
という事を理解していないといつまで経ってもコントロール出来るようにはなりません。
上手くいかない時も、ミスの原因がわからないと改善する事ができませんよね…

だからこそ、良し悪しを知る、という事は大切です。

“安定”させるためにはどうしたら良いか、技術的に強化するポイントをまとめます。

【安定させるために強化するポイント】
・コントロール出来るように練習する事
・良し悪しを知る事

ただ回数をこなすだけではなく、
回数を重ねる理由、良くなる方法を選手自身も理解していたら
きっと、今よりもっと練習が楽しくなるはずです。
もしかしたら他にも良い方法があるかもしれませんが…

原因を追及する事、そして考えて実行することが大切なのでないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました