試合になるとミスが増える理由|“試合”に対する考え方【改善方法】

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
現在未就学児から大学生までの選手に新体操の指導をしています。


今回は“ミス(失敗)”をテーマに執筆していきます。

試合になるとミスが増える、普段ミスをしないところでミスが起きた、
などの経験はありませんか?
私も現役の頃は試合になると普段の練習では起こらないようなミスをしていました。


それは練習不足が原因だと思っていませんか?
当然、練習不足も一つの原因かもしれません…


しかし、
ミスの原因を考えていく中で、私の中で1つの答えが出ました。

なぜ試合になるとミスが増えるのか、


それは
“試合”に対する考え方にあるのではないか?
と感じたのです。


今回は、なぜ試合に限ってミスが起きるのか、
どのように改善すれが良いのか、ということについて私の意見をお伝えしていきます。

試合になるとミスが増える理由

試合になるとミスが増える、その原因は
“試合を特別なものだと思っている”からです。

試合が特別なのは当たり前ですが…

試合になるとミスが増えるということは、練習ではあまりミスが起きていない。
試合に限ってミスをしてしまう、ということですよね。

本番では練習とは違う事をしてしまっている、という事になります。
特に新体操に関してはミスに対する外的要因がほぼないので…

私もこれまで、当たり前のように試合だから予期せぬミスが起こるのは当然、
と思っていましたし“試合で起こるミス”に関してそこまで疑問を持つ事がありませんでした。
練習するのみ、なんて思っていました。

しかし、この“試合で起こるミス”に関して、なんとなく緊張していたからという理由で
終わらせてしまったり、回数を重ねることで成功に繋がる、と思っているだけだと、
きっとまた同じようなミスをしてしまいます。

そして、試合を特別なものだと思ってしまう事で、
気合が入りすぎて、良く見せようとするなど普段の練習通りに力が発揮できない、
という状況になってしまうのです。


“試合で起こるミス”の原因は
“試合”に対する考え方にあります。

本番では、練習で出来ている分の実力しか出せない。
とよく言われますがそれはその通りです。

だからこそ、まずは
試合を特別なものだと思わない事が大切だと思っています。

難しいですけどね。

改善方法

試合になると増えるミス、普段ミスをしないところで起こるミスを改善していくためには、
いかに本番を想定した練習ができるかどうか

という事に尽きます。
当たり前のことでしょう、と思われるかもしれませんね。


とは言っても皆さん本当に本番を想定した練習が出来ているでしょうか?

先ほどの話を踏まえて考えると、練習の延長線上に本番があるので
練習=本番
というイメージで日々練習していく必要があります。

いかに本番を想定した練習をする事、そして上手くいかなかった時も対処する練習をしているかどうかで
本番の結果にも繋がります。
また、本番ではいかに練習での自分達をイメージできるかどうかが重要なのではないでしょうか。

本番でミスを増やさない、普段しないようなミスをするためにはどうすれば良いのか、
まとめます。

【まとめ】
試合を特別なものだと思わない事
・練習=本番のイメージを持つ事

先ほど述べましたが、新体操競技は特にミスをする事に関して外的要因もほぼないので、
日々の練習、そして本番に向けて自分の気持ちを整えていくこと、そしてコントロールしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました