【選択肢を増やす生き方をしよう】その理由|選択肢を狭めないようにする

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。
今回は“選択肢”をテーマに執筆していきます。

“選択肢を増やす生き方をする”
選択肢は多い方が良い、と私は思っています。

皆さんはどう思いますか?
選択肢を増やした方が良いのか、増やさない方が良いのか…

人生は“選択”の積み重ねです。
“選択”できる事は素晴らしいし、
私自身、常に自分にポジティブな選択をしていく事、
その時にベストな選択をしていく事は心がけています。

先日、仲間と話をする中でハッと気付かされた事があったので今回は
“選択肢”について書き留めておこうと思います。


“選択肢”は増やした方が良い
その理由について執筆します。

選択肢を増やす生き方をしよう

なぜ選択肢を増やす生き方をした方が良いのか、それは
人生の達成感、充実感に繋がっていくからです。
そして選択後の発展性も大きく変わっていきます。

ただし、自分で広げた選択肢の中で選ぶ事が大事です。

“気持ち”
の話で分かり辛いと思いますので例をあげます。

何か料理を作ろうと思った時に、
食材が、A(卵とご飯)の場合と、B(卵、ご飯、人参、玉ねぎ、鶏肉)の場合。
Aの場合は、卵をどうやって調理するのか、どういった料理にするのかは選択肢が少ないですよね。
卵かけご飯なのか、卵は別で調理するのか…など。

Bだったらどうでしょう。
当然Aのような選択もできるし、チャーハン、オムライスも作る事が出来ます。
もしくは1品だけでなく、複数料理が出来る場合もあります。

選択肢が増えることによって、その先の可能性もグンと広がりますよね。


しかし、
選択肢が多いことによって
情報量が多くなり、選べなくなってしまったり不安やストレスに繋がるため、
選択肢を増やす事は良いことではない、なんて意見もあります。


それでも私は選択肢は多い方が達成感、充実感で満たされる気がしています。


また、自分で広げた選択肢の中で選ぶ事が大事というのは、
人から与えられたもので選ぶのではなくて、自分で用意した選択肢の中から選ぶこと。
その事が達成感、充実感に繋がっていくと思っています。


人からもらった卵とご飯で調理するよりも、

自ら食材を調達しに行って、自分で手にした食材でどう調理をするかを考える方が
楽しくてワクワクするな、と思うのです。

選択肢を狭めないようにする

もちろん、闇雲に“選択肢”を広げるのが良い。と言っているのではなくて、
選択肢を狭めないようにする事が大切です。

また先ほどの例に戻します。

食材を調達しに行きたいけれど、
“購入金額はいくらまで” “雨が降るかもしれないから出かけるのやめよう” 
“今よりも良い卵とご飯を誰かが持ってくるかも”
など、調達するまでの過程で何か自分にブレーキがかかってしまうような考え方はしないように行動していく事が選択肢を狭めないことに繋がります。
何が起こるかわからない事をずっと動かずに考えて、選択肢を狭めてしまうのはすごく勿体ないです。


私もこの状況になりそうだなと思ってハッとしました。
最終的にはどんな選択をしたにしろ自分が幸せを決めますし、幸せ!と思えれば良いのですが…

ふと気づいた時に、
選択肢が“これしかない”という状況で必死にそのことをどうにかしようと頑張るよりも、
沢山選択肢がある中で、試行錯誤してその時の自分のベストな状況を選んでいける方が良い!
と私は感じました。

大人になればなるほど色々なことを考えるようになって、
考えすぎてブレーキをかけてしまうことは往々にしてあります。
みんな気づかないうちにブレーキをかけている場面ってあると思います。

しかし、
選択肢が沢山ある中で“これだ!”と決めた方が、心の健康のためには良いのかなと思っています。

もちろん優先順位は決めながら。
皆さんも、選択肢を狭めずに広げる生き方をしませんか?




コメント

タイトルとURLをコピーしました