【新体操】進路に迷っている方へ|継続した方が良いと思う理由

新体操

こんにちは、Misakiです。
今回は、進路に迷っている方へ向けて執筆します。

一意見として、決断への参考になれば良いな、と思っています。

新体操を続けるのか、やめるのか…
中学生〜高校、高校〜大学など進路を決めるタイミングで悩む人も多いのではないでしょうか?

私自身、中学生〜高校生に進学するタイミングで新体操を続けるどうか迷い、
オリンピックに出場できないと決まった時も続けるかどうか悩みましたが
結局、5歳から始めた新体操は約17年間継続しました。(途中少し休んでいる期間もありましたが)

選手生活が17年で、その後もコーチとして新体操と関わり続けています。

コーチをしていく中では、“新体操をやめたい”と言う選手も当然出てきます。
やめる理由は様々ですが…
根本的に継続する事が不可能になった場合を除いては、基本的に私は継続した方が良いと思っています。

会員が減ってしまうことにより収入を減らしたくないからでしょ、
なんて思う人もいるかもしれませんが、そんなちっぽけなことではありません。



環境が変わるから何となくやめる、結果が出ないからやめる、など
ある程度実力のある選手がやめる時、
そして大学生まで継続することを決めたけれど途中でやめたくなった時など
このような場合は特にやめるべきではない、と思っています。



大前提、進路に関して正しい答えはないですが、
今回は私が継続した方が良いと思う理由についてお伝えしていきます。

継続した方が良いと思う理由

なぜ継続した方が良いのか、それは
何事も継続しないと成功には繋がらないからです。

みなさんはなぜ継続してきた新体操を辞めるのでしょうか?
続けても将来のためにならないから?お金にならないから?

それは正当な意見のようで不当です。

少なからず、何かをやめて何か新しいことを決断する時って
“今よりも良くなりたい”からですよね。

しかし、やめたい理由が自分に対しての“逃げ”だとしたら
残念ながらその後の人生も逃げ続けて、
夢を追うことを忘れて生きていく社会人になっていきますよ。

成功と言っても人それぞれですが…
本当に大事に思う事ってそんなに簡単に手に入るものではない
ような気がします。
サン・テグジュペリの“星の王子さま”を思い出しました…

少し話が逸れましたが、
“継続すること” “継続できること”を学ぶ事がとっても重要です。

そして、その継続していく中で得られる事がたくさんあります。
後ほどまとめますが、これらは社会に出ても必要なスキルです。


出来ないことをチャレンジする勇気も社会に出てからは必要ですよね。

これらは、出来なかったことを出来るようにしていく過程で身につくので、
そういった経験がない人には難しいです。


学生を卒業して、社会に出ている人なら皆さん分かると思いますが、
大体の人が継続できずに転職を繰り返したり、毎日仕事行くの嫌だなーと思いながらも
そのことに対して何かチャレンジしたり改善していく勇気がないまま愚痴を言って過ぎていきます。

それでは寂しいな、と思いませんか?

まとめ

まとめます。

・継続することによって成功までのプロセスを学ぶ事ができる(スポーツも仕事も同じ)
・継続していく中での経験と学びが後に糧となる

物事において大切な事、成功するために必要な事、
これまで出会った人達に聞いた事や本に書いてある事など、


私が今まで生きてきて大事だなと思う事は、どんな手段で学ぶとしても変わりません。
必ず通ずる事があるな、と感じています。

だから結局どんな選択をしたとしても
“継続の大切さ”は変わらないと思います。

そして、大学を卒業して社会人になっていった子達は口を揃えて
「あの時は楽しかった」「あの時に戻りたい」と言います。
あの時とは現役の時ですね。

私も経験したから分かりますが、実際選手にとっては辛い日常も日々の課題も
嫌になる気持ちも分かります。
新体操なんてやっていて将来の役に立つのか?
なんて思う気持ちも全部わかります。

でも、踊れなくなる日なんて嫌でもすぐにやって来る。
そうしたら「もっとやっておけば良かった」なんてどせ思うので
新体操をやれるうちに沢山の失敗と経験を自分の中に蓄えて将来に活かしてみてはどうでしょうか?


最後に一つ。

やめるにしても続けるにしても、決断をする時は必ず自分で決めること。
そして自分で決めたことに責任を持つこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました