【新体操】技の習得と成功のためにするイメージ|イメージ出来ることの重要性

新体操

こんにちは、Misakiです。

今回は“イメージ出来ることの重要性”をテーマに執筆していきます。

皆さんは技を習得するために、そして本番で成功するためにその技や目標に対して良いイメージはできていますか?
試合前に演技している自分をイメージしている人も多いと思います。
いわゆる“イメージトレーニング”ですが、トップアスリートもイメージトレーニングを取り入れている人がほとんどです。

イメージトレーニングにも様々なやり方があって、トレーニングと言ってしまうと毎回練習しなきゃ、
という印象を持ちますが日頃から色々な物事に対して上手く“イメージ”する事ができたり、
イメージする事が上手な選手は上達が早いです。


むしろイメージができないことは実際に達成する事は難しいです…

技術力の習得や目標達成についても身体と心は密接に関係しているので、
今回のお話でも身体と心の調和の重要性を感じますね。

技の習得と成功にはその技について良いイメージができているかどうか、という事がとても重要です。

イメージ出来ることの重要性

Processed with VSCOcam with k3 preset

なぜ、イメージできる事が重要なのか…先ほども述べたように、
そもそもイメージができない事は実際に達成する事が難しいからです。

それはどんなに小さなことから大きいことでも同じです。

北京・ロンドン・リオ3大会のオリンピックに出場し、個人総合では2連覇を達成した
体操の内村 航平選手がイメージトレーニングを活用していることは有名ですが、
自分の演技や技のイメージを鮮明に描く。そして筋肉の動きまでイメージするそうです。
ここまできたら一般の方には良くわからない話ですが、

でも、だからこそイメージをする事ができるかどうかで
習得したい技や目標を達成できるかどうかが決まります。


そもそもイメージできない事は行動にも移せないですよね…


出来ていなかった技も鮮明にイメージする事ができたらきっと出来るようになるはずです!

技の習得と成功のためにするイメージ

では技の習得をして、本番で成功するためにはどんなふうにイメージを持てば良いのか…
演技の中に何か入れたい技があった時、それが初めてチャレンジする技だと想定して、
イメージ方法をいくつかお伝えします。

【技を習得する時】
①映像を見てイメージする
②実際に動いている自分をイメージする


【本番で成功させる】
①客観的な視点でイメージする
②成功している姿をイメージする

1つずつ説明していきます。

【技を習得する時】
①映像を見てイメージする

まず初めてチャレンジする技の場合、イメージが掴みづらいと思うので、
お手本となる選手の映像を見て技のイメージを掴みます。

②実際に動いている自分をイメージする

映像を見てイメージが掴めたら、実際に自分が動いているイメージをしてみます。
お手本の映像と同じように自分もイメージの中で動かす。


【本番で成功させる】
①客観的な視点でイメージする

自分が動いているイメージを持てたら、今度は実際に自分が動いているイメージを客観的に見ている感じでイメージしてみます。

②成功している姿をイメージする

これはそのままで、本番に技が成功するイメージを持つことです。
こちらも実際に自分が動いているパターンと客観的にみている場合があると思いますが両方試してみると良いかもしれません。

イメージの種類をいくつかお伝えしましたが、絶対にこの方法が当てはまる!
ということではないので、自分に合ったやり方を見つけてみてください。

普段から様々な場面でイメージをしながら行動していると思いますが、
イメージ方法にも、色々あるのでその時に応じて変えてみても良いかと思います。

もし、イメージする中で失敗するイメージが湧いてきた場合は、失敗する部分を重点的に反復練習をしていくなどうまく活用して技の習得を目指しましょう。

冒頭にも述べましたが、
身体と心は密接に関係していて、思った事が叶ったりする事は偶然ではなく必然だと私は感じています。
これもネガティブなエネルギーに変えるのではなく、プラスなエネルギーになるように
日頃から良いイメージを持って過ごして、そして良いイメージを持って練習を重ねるようにトレーニングしていきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました