【新体操】勝負強さとは?|“執着心”と“信念”を貫くことの大切さ

新体操

こんにちは、Misakiです。
今回は“勝負強さ”をテーマに執筆していきます。

いざという時に結果が出せない、本番になるとミスをしてしまう…
なぜだろう?
本番に強くなりたい!
そう思ったことはありませんか?

新体操も勝負の世界なので選手は皆、“勝負強くなりたい!”と望んだ事があるのではないでしょうか?

私が過去に日本代表として活動した中で感じた事、
その後も団体選手権で優勝するなど、“勝ち”を経験した中で感じた事、
そして現在コーチをする上で感じている事を交えてお話していきます。

勝負強さとは?

勝負強さとは何か?
メンタルを強くするとかコントロールする、とか色々な話がありますが…
私は、“気持ちの強さ”だと思っています。
じゃあ気持ちが弱かったら負けるのか、と言われたら
どんなに気持ちが強くても負ける時は負けるので肯定しきれない場面ももちろんありますが、
勝負強い人で気持ちの弱い人は見たことありません。

気持ちって測ることができないので曖昧で分かり辛いしスポ根みたいで根拠がない。
と言われれば、それはそれで否定できないですが…
スポーツにはその“見えないチカラ”が多くの人に勇気と感動を与えるのだと感じています。


このブログでは、勝負強さにおける気持ち=“執着心”と“信念”
と定義してこの先お話していきます。

勝負強さ、勝ち負けについて、練習不足だと言ったらそこで話が終わってしまうので、
十分に練習を積んできたことを前提に、どうしたら自分の持てる力を最大に発揮できるかどうか
ということを考えていきます。
トップレベルの人達が集結する環境やその試合では出場者が全員技術力が高いのは当たり前ですからね…

その中で勝つためには、どの程度“執着”して“信念”を貫けるのか、または普段からその信念を貫いてこれたかで最後の最後に勝敗が決まると思います。

実際に、様々な勝負を経験してきた中で私はそう感じています。
メンタルトレーニングをしてテクニックを身につけ、メンタルをコントロールできるかどうか…
これも大事ですが、
それらは“執着心”や“信念”があってはじめて良い結果を生むような気がしています。

“執着心”と“信念”を貫くことの大切さ

今まで私がトップの選手を見てきた中でこれは必要だと思う事…
そして勝負強さ、気持ちの強さを養うには
“執着心”と“信念”を貫くことが必要です。

執着心が強い、と聞くとあまり良くないイメージを持つ人もいるかと思いますが、
スポーツにおける執着心は結果を出したい人にとっては必要な事です。
だいたい私の周りにいた新体操のトップレベルの選手、他の競技も然り指導をしていて上達する子も、
みんなかなりオタクです。
アニメオタクという事ではなくて、
その競技に関して、または体づくりに関してこだわりが強い人が多いです。

じゃぁオタクになれば良いのか、という事ではないですよ。
オタクを目指すのではなくて、“執着心”があってこだわりの強い人達のことを結果オタクみたいだ、
と私が表現しただけです…


当然その競技に興味がなかったり集中していない人は結果がついてくることはありませんよね。
すぐに諦めない気持ちや競技や身体の改善に関して突き詰める。
そう言った意味での執着心はとても重要です。

“信念”はあくまでもポジティブな信念に限りますが、
信念があることによって、周りに流されずに行動することができます。
また、本番では団体にしろ個人にしろ最終的には自分を信じられるかどうかは大事なことです。
不安になった時に支えとなることや、大丈夫!と思える気持ちが必要ですよね。


いざという時、これまで貫いてきた“執念”があると安心感に繋がります。
そして自分の気持ちがブレない軸を持つことができます。

余談ですが、
私が代表当時、正メンバーに選出されずに国内補欠になった要因を自分の中で分析しました。
大前提、実力不足だということは除いて
そこで“メンバーに選ばれなければいけない”理由、
その“執着心”と“信念”が私は他の人に比べて足りなかったな、と感じました。
実際に、当時初めて代表メンバーのみんなと練習を開始した時にも自分の“勝ち”に対する執着心の低さを実感してしまったのです。
要因は他にも色々ありますが。

何かの本で読んで、どんな本だったのか覚えておらず申し訳ないのですが…
印象に残っている言葉をご紹介します。

夢を実現できるかどうかは
その夢を諦められない理由を持っているかどうか



どう感じるかは人それぞれだと思いますが、
私は読んだ時に妙に納得した覚えがあります。
それから、手帳にメモをしてずっと頭に残っています。



皆さんには、“信念”がありますか?

“執着”も“信念”も裏を返せば悪く働くこともあるので、
あくまでもポジティブなエネルギーにして、勝負強さを手に入れましょう!






コメント

タイトルとURLをコピーしました