【リフレッシュの重要性】真面目すぎても成果がでない|休まないことが美学ではない

Uncategorized

こんにちは、Misakiです。

今回は“リフレッシュの重要性”をテーマに執筆していきます。

仕事やスポーツにおいて、頑張っているのに成果が出ない。
そのうえ身体や心はどんどん疲れていく…そんな時はありませんか?
また、休む事に罪悪感を感じていませんか?

私が新体操の選手だった頃の話ですが、
個人をやっていた時でも練習を休むことに対してはかなりの罪悪感がありました。
それは、単に先生に休みの連絡をするのが怖かった、ということもあるのですが…笑
練習を休んで周りの子たちに劣ってしまうのも嫌でした。

しかし、
真面目にやっていたら成果が出るわけではない…
大前提、真面目に取り組めることができるのも必要ですが
仕事でも上手にオンとオフを切り替えられる人の方が成果が出やすいのは明らかです。

恋愛でも、真面目すぎる人が必ずモテるかと言われたらそうでもない…
アスリートでも、バカ真面目な人がトップにいるかと言われたらそうではない…


と、私は思っています。

真面目に取り組みすぎて悪循環になる前に、
たまにはリフレッシュをして身体も心も休めましょう。

真面目すぎても成果がでない

まずは真面目すぎて成果が出なくなる状況とはどんな状況なのか…
まとめてみました。

・視野が狭くなっている
・人に頼ることができない
・とにかく努力をすれば良いと自分を追い込む

真面目すぎても成果が出ない、と完全に決め付けるのも良くないですが
真面目すぎる故に成果が出せない状況があります。

一つの事に一生懸命になるあまり、視野が狭くなって融通が効かない。
また、たくさん努力をしようと自分を追い込むことは良いことかもしれませんが、
その努力が果たして正しい努力なのか?
努力の内容を深く考えず、努力していることが目的になってしまうと意味がありません…
そして何でも自分でやろうと思って人に頼れないと、追い込みすぎてモチベーションが下がってしまったり体調を崩すきっかけにもなってしまいます。

だからこそ、ただ真面目に頑張るだけでなくリフレッシュも必要なのです。

リフレッシュの重要性

なぜリフレッシュが必要なのか?
それは身体と心のエネルギーチャージのためです。

休みを取らずに仕事やスポーツなどをしていても自分は大丈夫だ!
と思う方もいると思います。
しかし気づかないうちに身体と心は疲労していきます…

集中力、作業効率が低下したり、スポーツで言うと身体に疲労が溜まってしまいどんどん良いパフォーマンスができなくなってしまいます。
思い切って休む時は休む、そしていざというときのためのエネルギーをチャージすることで良い成績にも繋がります。

山や海などの自然に触れることもとては良いリフレッシュ方法です。
また、身体が疲労している場合は、たっぷり睡眠をとって美味しい食事を取る。

シンプルなことのようですがとても重要です。


目の前の仕事のことで頭が一杯で、やらなければいけないことがたくさんあったとしても、
リフレッシュする時間もきちんと確保して効率良く活動したいですね!



コメント

タイトルとURLをコピーしました