【新体操のルール】新体操選手はダンサーではない|技術と芸術のバランス

新体操

こんにちは、Misakiです。

今回は“新体操のルール”をテーマに執筆していきます。
とは言っても、残念ながらルールの解説はしません。

皆さんもご存知の通り、新体操は表現スポーツではありますが、
表現する事ばかりに気を向けていたら勝つことはできない。
自分の好きな様に作品を作っていたら点数にならないけれど表現しろと言われる。
技術と芸術のバランスが難しい!
私自身、長らくこのもどかしさを抱えながら踊っていました。

新体操だけではなく、アーティスティックスイミングやフィギュアスケートなんかの採点競技も同じ様な悩みが生じると思います。
コーチや選手の皆さんもこの疑問について考えたことがある人がいるかもしれませんね。
皆さんは考えたことはありますか?

“新体操のルール”では技術点+芸術点で得点が決定します。
技術と芸術のバランス、どう捉えたら良いのか?


この問題については色々と賛否両論ありそうですが…
私なりの意見をお伝えしていこうと思います。

新体操選手はダンサーではない

ダンサーではないとはどういうことなのか…
わかりやすく言うと、技術者。なのではないか?と私は思っています。


創造的で独創的、クリエイティブなダンサーではなく、“新体操”のルールに沿った手具の技術や表現方法の
知識を深めて、その専門的な技術を披露する技術者。
芸術スポーツ、なんて言われますが実際に芸術的な観点で新体操と向き合っていたらやってられないな、
というのが私の感想です。
技術要素の中に表現要素が少し乗っかっている、と言うイメージ。
※あくまでも私の中の捉え方です

芸術的なことにフォーカスしていた時は、新体操に点数が付かなかったらいいのに、
なんて思った時期もありました。
「踊りに点数なんてどうやってつけるの?」
表現に対しても、審判員それぞれの価値観を持っているから主観的で曖昧だし…
なんて思っていました。


でも、点数をつけるからこそ新体操、競技だからこそ新体操であって
そうでなければ“新体操”ではなくなってしまいます。


踊りで表現をすることにフォーカスするのならば、極端な話ダンサーと同じ。
決してダンサーを否定するわけではないのですが、
新体操選手には洗練された明確な、技術が必須なのです…


以前投稿した、元新体操選手はパフォーマーとして通用するのかという投稿では、
新体操選手は踊れる、踊れないなんて話が出てきましたが、
新体操選手は“踊れない” “表現力がない”なんて言われたとしても、そもそもダンサーとは
同じ土俵にはいないのかもしれない…
新体操選手はダンサーではないのです。
あくまでも“新体操”に特化した専門的な技術を持っている技術者だから。

とは言っても、新体操も演技の中で“ステップ”と言われる、いわゆる“踊り”の要素を入れることが必須で、
ルール上踊ることも重視します。
ステップをする時は存分に曲のイメージを表現して独創的なステップを披露するべきだと私も思います。
しかし、当然ながらこれにもルールがあるので、何をやっても良いことはないし
独創的な表現が必要だと言えど、点数が欲しかったらどんな審判にだって評価される
“新体操のルール上素晴らしいステップ”である必要があります。

冒頭に、技術要素の中に表現要素が少し乗っかっている、と言うイメージ。
と述べたのは、表現の要素ですら感性だけではなく技術が必要だからです。

技術と芸術のバランス|芸術的な要素をどう魅せるか

技術と芸術のバランス。
これはすごく難しいところでもありますが、
新体操の面白いところでもあり、私が魅了されている部分でもあります。

先ほどから述べている様に、新体操は圧倒的に“技術”が必要です。
いかに正確に、美しく手具や身体を動かせるのか、まずはこれが大事。

ではその技術を身につけた上で、“芸術的な要素”をどこで魅せるのか?

・鍛え上げられた身体
・技と技のふとした隙間の加点にならない動き
・衣装や手具、音楽の融合

例えを3つ挙げましたが、これに正解はありません。


クリエイティブな作業って、その人の生き様だったり懸けてきた想いや経験など全ての要素が影響して
くると思います。
絵を書いたり詩を書いたり、曲を作ったりするのもきっと同じですよね?(想像ですが)

洗練された技術にプラス、クリエイティブな部分を嗜むことが新体操の面白いところだと思います。

すごくマニアックですみません。


皆さんもご存知の通り、フィギュアスケーターの浅田真央さんのソチオリンピックの演技。
ショートプログラムで16位と出遅れながらも完璧な演技をしたフリープログラムを覚えていますか?
演技が終わった後の真央さんの涙が忘れられません…
まさに芸術的でした。

本番を迎えるまで様々なドラマがあり、色々な経験や想いを持って挑んだ演技。
唯一無二の演技ってとても尊いですね。


情熱や信念は、目線や動きの強さとなり
懸けてきた努力は身体に現れ、オーラとなる。

点数では計る事のできない芸術的な部分に魅力が詰まっている、と私は思っています。


まずは、技術を身につける。
そして技術の先にある芸術をどう表現できるか、ということを追求していくこと。
新体操と向き合っていく過程に芸術的な楽しさも見つけられるのではないかなと思っています。



それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました