【綺麗に足の筋肉をつける方法】元新体操選手が伝授|理想の美脚をつくる

美容

こんにちは、Misakiです。
今回は、

足の筋肉を綺麗につけるには何に気をつければいいですか?

という質問に答えていこうと思います。

街で綺麗な足の女性を見かけるとつい注目してしまいますよね。
誰もが憧れる美脚…


“綺麗に足の筋肉をつける方法”をご紹介していきます。

綺麗に足の筋肉をつける方法

綺麗に脚の筋肉をつけるためにどうしたら良いのか…
3つにまとめてみたので1ずつ説明していきます。

①正しいフォームで行う
②自重で行う
③姿勢の改善

①正しいフォームで行う
せっかくトレーニングをしても、当然正しいフォームで行えていないと正しく筋肉がつきません。
また、鍛える部位としては、内腿(内転筋)のトレーニングをすることをお勧めします。
なぜならば、普段生活する上では内腿(内転筋)を使う機会が少ないために筋肉が機能的に発達してない可能性があるからです。また、内腿を鍛えることにより骨盤の安定やO脚の改善が望めます。

②自重で行う
なぜ自重が良いか…
それは自重で十分鍛える事ができるからです。
だからと言ってマシンのトレーニングを否定するつもりもありませんし、やっても良いと思います。
ただ、負荷をかけすぎるとその分筋肉が肥大していく可能性がありますよね。
ムキムキの脚ではなく、程よい筋肉をつける程度でしたら自重で十分です。

③姿勢の改善
そもそも、普段の立ち姿勢を改善しないといくら筋トレをしたとしても、
生活する中では筋トレ以外の時間の方が多いわけですから姿勢の影響は大きいです。
もちろん筋トレをした方が効果が見込めるのでトレーニングも取り入れた上で日頃の姿勢も気をつけていく事が良いと思います。

なぜ新体操選手やバレリーナの脚が綺麗なのか

新体操選手やバレリーナの脚って綺麗なイメージがありますよね。
なぜ綺麗なのか?それは


トレーニングしているからです。
当たり前の結論でしたが…


実際、新体操選手やバレリーナの脚は皆さんが想像するよりもずっとムキムキです。
だからと言ってムキムキにしたら良いということではありませんよ。
しかし、やはり楽をして美しさを手に入れることは出来ない、ということです。

もう一つは、脚の筋肉の使い方です。
分かりやすい例で言うと、競輪選手やスピードスケートの選手は前腿がとても発達していますよね。
競技の特性上、鍛える必要があるからですが…
先ほども述べたように新体操やバレリーナも筋肉はついています。
しかし意識して腿の裏や内腿を使って脚を動かすようにトレーニングしています。

そしてそれこそ新体操は競技の特性上、美しく見せる競技なので見た目にもこだわっている、
ということもありますよね。
何が言いたいかと言うと
使い方、脚の動かし方次第で脚のつき方は変わってきます。

理想の美脚とは

理想の美脚とは…
程よく筋肉がついていてラインが真っ直ぐな脚
どうでしょうか?


筋肉が全くない真っ直ぐな脚よりも、程よく筋肉がついているほうが私は魅力的に感じています。


しかし、どういった脚のラインを理想とするかはご自身で決めて良いと思います。
どんな脚になりたいのか、ますは自分の理想の美脚をイメージして
お手本にしたり、モチベーションにしていくのが理想です。

まとめ
・フォームや使い方を意識したトレーニングをすることと、姿勢を改善すること!
・楽して美しさを手に入れる魔法みたいなことはないのでコツコツやりましょう!

以上、脚の筋肉を綺麗につける方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました