【ダイエット】食べないで痩せる危険性と抜けられない負のループ

新体操

こんにちは、Misakiです。

今回は“食べないで痩せるダイエットが及ぼす影響”について執筆していきます。

私は現在、新体操のコーチをしています。
これまで私も様々なダイエットを試してきました。
無理なダイエットをしている友人もたくさん見てきました。

皆さんはダイエットをしていますか?
もしくは、ダイエットをしているお子さんの保護者の皆様、

食べないで痩せることの危険性を理解していますか?

新体操やクラシックバレエ、陸上競技など…
子どもでも減量をしている人もいるかもしれませんが、
身体がこれから成長していく、という段階で食べないダイエットをすることで将来どんな負のループが起こるか想像した事はありますか?

私が今まで経験してきた事、そして現在見ている状況を踏まえてお伝えしていきます。

食べないで痩せる危険性

食べないで痩せていくと体にどのような影響を及ぼすのか…
・疲労感や倦怠感
・イライラ
・貧血
・免疫力の低下
・生理不順
・うつ病
など、様々な不調や病気を
引き起こす原因となります

そして、食べないで痩せるダイエットは摂食障害を誘発します。

摂食障害は、極端に食事を取れなくなったり、過食嘔吐を繰り返して低体重を保つような症状が見られます。

食べないで痩せて、そして栄養失調になると身体の不調だけでなく、心もコントロール出来なくなります。
どんな影響があるか例を挙げましたが、例に挙げたことだけではなく様々な場面でアクシデントが起こり生活に悪影響を及ぼしていきます。

抜けられない負のループ

どんな負のループになるかはだいたい予想はつきますね。
しかし、なぜ負のループになるかというと、
ダイエットを辞めたくても辞められなくなってしまうからです。
自分でコントロールすることができなくなってしまいます。

新体操の選手で例にすると、

痩せたい

食べないで無理にダイエットする

痩せる

ダイエットがエスカレートする

身体に不調が現れる

練習したいけど身体と心が思うように動かない

痩せたい

食べないで無理にダイエットする

最初は軽い気持ちでダイエットを始め、
一度、食べないで痩せるダイエットが成功したらどんどんエスカレートしていきます。
しかし、その間に身体には栄養が無くなっていって不調が現れるようになります。
練習をしたい、上手になりたい、と思っても練習する体力がない、筋肉を付ける栄養が無い状態になります。

問題なのは、
年齢が若い頃は身体の不調に気付きづらいことです。
そんなに練習にも影響が及ばずにやり過ごしてしまう。

そうするとどうなるのか…
大学生・社会人、大人になるにつれてどんどん不調が現れるようになります。
蓄積された代償はとても大きいです。

後から、習慣を直そうと思っても長い間積み重ねてきた事はなかなか改善することがせきません。
また、心では直そうと思っても身体が拒否したり心をうまくコントロールできなくなるのです。
それが抜けられない負のループです。


冒頭で述べたように、
新体操やクラシックバレエ、陸上競技など…スポーツを頑張っている人は子どもでも無理な減量をしている人もいるかもしれません。
また、過度な減量を強いられているお子さんやその保護者の方がいましたら何が正しいのか、良く考えて欲しいです。
安易な気持ちで食べないダイエットをしないでください。



目先の目標や成果だけに囚われずに長い目で見て、
身体づくりに専念して欲しいなと心から願っています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました