新体操選手の未来|元新体操選手はパフォーマーとして通用するのか

新体操
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、Misakiです。

新体操には、プロチームがありません。学生を卒業したら競技を続けながらお金を稼げる環境は、ほぼ無いです。

わたし自身、現役引退後は新体操を基盤としたパフォーマンス披露をしていましたが、フィギュアスケートの様にアイスダンスなどのショーも無いので、小さい頃から積み上げてきた技術は現役を引退したら活かす場が無いのが現状です。

今回は新体操のパフォーマーとして、とあるイベントに出演した知り合いからのエピソードを例に挙げながら、元新体操選手はパフォーマーとして通用するのか?ということをテーマに執筆していきます。

元新体操選手でパフォーマーとして活躍している人の実態

現在(2020年)日本で新体操をメインに、新体操だけでパフォーマンスをしている集団は無いです。
もしあったらすみません…

実際、わたしの友達や先輩など元新体操選手で現在はダンサーとして活躍している人は何人かいますが、その人達はヒップホップだったりコンテンポラリーだったり既存にあるジャンルのダンスを学んで、舞台や公演に出演しています。

新体操がプロチームとして活動出来なかったり存在しない理由は、色々な原因があると思いますが…

今回は、今後どのようにしたら新体操パフォーマーを確立していけるのかを考えていきたいと思います。

新体操パフォーマーとしての価値の生み出し方

パフォーマーとして活動する=パフォーマンスをする事でお金を貰う、仕事として成り立つということを前提にお話していきます。

元新体操選手のパフォーマーがどのように価値を生み出したら良いのか、
わたしなりの考えをお伝えします。

①自分達(発信する側)が新体操の価値を理解し、構築する
②沢山の人に新体操の価値を知ってもらう

1つずつ説明していきます。
①自分達(発信する側)が新体操の価値を理解し、構築する
まず、新体操のパフォーマンスをする人達が新体操の価値をきちんと理解して、相手に伝えられる事が大事だと思っています。
何が強みで、何が弱みなのか…
どんな事が観ている人にとって有益なことなのか…
価値を見出すこと。

自分達の持っている感覚だけで突き進むのではなく観ている人にとっても素敵だな、パフォーマンスを見たいな、と思ってもらえる様な価値を見出すことが大切だと思っています。

②沢山の人に新体操の価値を知ってもらう
価値を見出したら、その価値を沢山の人に知ってもらう必要があります。
どこをターゲットにして宣伝して行くか、ということを考えることも大事かもしれません。

ここで、知り合いからのエピソードを一つご紹介します。
とあるイベントにて“新体操パフォーマー”として出演した時の話。

「新体操の人達は人前で見せられるスキルがない」

というニュアンスのことを言われたそう。

言われた側からしたらとても複雑…
自分達は今まで時間をかけて技術を磨いてきたのに…
なんて思ったりしますよね。


でも、わたしはこの話に関しては、演出する方の力量もあると思うのでキャスティングしておいて文句を言うのもどうかと思いました。
全て聞いた話なので、何が正解かもわかりませんが…

“新体操のパフォーマー”として出演した知り合いも、もし自分の技術や新体操の価値が活かされないようなイベントだったらお断りするか、もしくは価値を伝えられるように努力する事もできたかな、とも思っています。

どちらが悪い、ということはないですがきっと、雇う側が求めていた新体操の価値と、出演者が思う新体操の価値が一致しなかったのではないかな?と思います。

実際、わたしも競技を引退後は新体操のパフォーマンスをしたい!!と、意気込んでかなり突っ走っていた時期もありましたが…

これまで色々と経験する中で、ただがむしゃらにやっていくのではなく、自分達のやりたい事見せたい事を尊重する一方で、
仕事にするのであれば求められた事、もしくはそれ以上の事を与える事が大切だと思いますし、
それが1回きりではなく、継続して求められて、価値を提供し続けられることができるのか?
と言うことは考えないといけないな、と思っています。

私は、ビジネスコンサルタントではないですし何が正しいかもわかりませんが、
1人の新体操ファンとしてまた、新体操パフォーマーとして感じてきたことや思いをお伝えさせていただきました。

新体操の可能性や新たな価値も信じているので、
皆さんにエンターテイメントとして新体操のパフォーマンスが普及していくような将来が来たら良いなと思って活動しています。

皆さんは、新体操のパフォーマンスショー、見てみたいと思いますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました